3D積層造形 Additive Manufacturing-3D積層造形
3D積層造形 Additive Manufacturing-TANIDA株式会社

3D積層造形 Additive Manufacturing
TANIDA株式会社

TANIDA株式会社の対応状況

返答率

100.0%

平均返答時間

1.7時間

この製品について

3D積層造形で加速させる Additive Manufacturing ■複雑な中子を継ぎ目なしで一体成形 砂型鋳造には型を作る木型 (樹脂型) が必要ですが、複雑な流路部分を形成する中子を一体成型することで、短納期を実現しています。造形寸法精度が高く、方案変更が容易であるので試作期間を短縮できます。 ■3次元流路を配置した最小肉厚部2.5mm 砂型の肉厚が薄いと、鋳造時に溶けた金属の熱が砂に素早く伝わり、鋳造品の冷却速度が増加します。高速冷却することで、鋳造品の精度を向上させることができます。砂型3Dプリンターの積層は層の厚みが薄く滑らかであるため、複雑な形状を造形することができます。 ■高い寸法精度±0.15%以内 3D設計データを忠実に再現することが出来るため、造形寸法精度が高く、手作業によるばらつきがないため、鋳造品の品質が安定します。型の寸法精度が高いと製品が設計通りの寸法や形状で作られるため、製品の品質が向上します。 ■試作期間を大幅短縮 従来の半分の2.5ヶ月 試作品の型を作成する際、従来だと木型の造形から、中子の造形、中子の組み立てなどの作業がありましたが、砂型3Dプリンターで一貫して造形出来るため、型の作成期間が大幅に短縮されます。修正の際も、木型から作り直す必要がありましたが、設計データを修正すれば、容易に砂型や中子型の修正が可能になります。 ■3D設計データを自動で成形 砂型3Dプリンターは、砂型積層造形装置とも呼ばれています。PCより作成した3D設計データを基にして砂を層状に積み重ね、立体モデルを作り出す技術です。この方法をバインダージェッティング方式と呼びます。紙のインクジェットプリンターの技術を応用して、バインダー (結合剤) を砂に吹き付けて固めていくことで立体モデルを成形します。 手作業での工程が少なく、3D設計データを自動で成形する為、柔軟性、製作期間の短縮、コストの削減の観点から砂型3Dプリンターを用いた鋳造方法が注目されており、様々な業界で活用しています。 ■設備 Exone The S-Max Pro/CMET SCM-800

  • シリーズ

    3D積層造形 Additive Manufacturing



*サンプルリクエストに対応できない場合もあります、ご了承ください。


60人以上が見ています

最新の閲覧: 16時間前


返答率: 100.0%

平均返答時間: 1.7時間


無料
見積もり費用は無料のため、お気軽にご利用ください

電話番号不要
不必要に電話がかかってくる心配はありません

3D積層造形 Additive Manufacturing 品番1件

商品画像 品番 価格 (税抜) 試作期間
3D積層造形 Additive Manufacturing-品番-3D積層造形

3D積層造形

要見積もり 2.5ヶ月

のついている項目名や値は、Metoreeの自然言語処理アルゴリズムを用いて自動生成された値です。各メーカーの製品を横断して比較しやすくするための参考としてご利用ください。自動生成データは黒色の文字、元データは灰色の文字です。

TANIDA株式会社のその他の取り扱い製品


TANIDAの製品をもっと見る

この商品の取り扱い会社情報

Copyright © 2024 Metoree