浸透深傷検査 Penetrant Inspection-浸透深傷検査
浸透深傷検査 Penetrant Inspection-TANIDA株式会社

浸透深傷検査 Penetrant Inspection
TANIDA株式会社

TANIDA株式会社の対応状況

返答率

100.0%

平均返答時間

1.7時間

この製品について

浸透深傷検査で加速させる Penetrant Inspection ■目に見えないキズが光る ・浸透探傷検査は、蛍光液が紫外線に反応し試料表面の微細なキズや空隙が蛍光色に光る原理を利用しています。 ・幅0.01mmに満たない割れや、φ0.01mmに満たない凹みも検出できます。 ■数万点を超える豊富な検査実績 KILTの浸透探傷検査は航空エンジン部品の検査の他に、自動車エンジン部品や半導体製造装置部品など数万点に及びます。この豊富な検査実績から得られた知見をもとに、お客様のご要望に最適な検査をご提案します。 ■製品例 ・航空エンジン部品 (ハウジング、カバーなど) ・自動エンジン部品 (ヘッド、ブロックなど) ・半導体製造装置部品 (真空チャンバーなど) ■検査員、設備、プロセスの徹底管理による高い信頼性 浸透探傷検査は、検査員の能力や設備の管理状況によって結果が大きく左右されます。KILTでは国際標準であるASTM, AMS, NASをベースとして検査員、設備、プロセスの管理手法を確立し、客観的な監査を経て、極めて安定した検査体制を実現しています。X線検査同様、Nadcap認定も取得しています。 ・ASTM E1417 (蛍光深傷検査基準) ・AMS 2175 (鋳造品判定基準) ・NAS 410 (非破壊検査員基準) ■軽金属から炭素繊維まで幅広い資料に対応 試料の材質を問わず、表面に開校している繊細な欠陥を検出することができます。素材欠陥、溶接欠陥などの他に、重切削による割れや耐圧試験によるリーク部の特定なども確認できます。 ■材質例 ・樹脂 ・炭素繊維 ・セラミック ・軽金属 ・重金属 ・その他 ※吸湿性のある多孔質材料には適用できません。 ※表面にコーティング、スケールなどがある場合適用できない場合があります。 ※試料が石油系溶剤などにより変質する材質の場合は不向きです。 ■設備 ・蛍光浸透探傷検査Fluorescent Penetrant Inspection -Magnaflux ・浸透探傷検査前エッチングPre-Penetrant Inspection Etching ・染色浸透探傷検査Dye Penetrant Inspection

  • シリーズ

    浸透深傷検査 Penetrant Inspection



*サンプルリクエストに対応できない場合もあります、ご了承ください。


50人以上が見ています

最新の閲覧: 15時間前


返答率: 100.0%

平均返答時間: 1.7時間


無料
見積もり費用は無料のため、お気軽にご利用ください

電話番号不要
不必要に電話がかかってくる心配はありません

浸透深傷検査 Penetrant Inspection 品番1件

商品画像 品番 価格 (税抜)
浸透深傷検査 Penetrant Inspection-品番-浸透深傷検査

浸透深傷検査

要見積もり

のついている項目名や値は、Metoreeの自然言語処理アルゴリズムを用いて自動生成された値です。各メーカーの製品を横断して比較しやすくするための参考としてご利用ください。自動生成データは黒色の文字、元データは灰色の文字です。

TANIDA株式会社のその他の取り扱い製品


TANIDAの製品をもっと見る

この商品の取り扱い会社情報

Copyright © 2024 Metoree