プラグイン形デジタル指示溶存酸素計 WIL-102-DO-WIL-102-DO,EVT
プラグイン形デジタル指示溶存酸素計 WIL-102-DO-神港テクノス株式会社

プラグイン形デジタル指示溶存酸素計 WIL-102-DO 神港テクノス株式会社

神港テクノス株式会社の対応状況

返答率

100.0%

この製品について

上下水、排水、育成設備、ビル設備など様々な用途に対応した、制御盤内DINレールに設置するタイプのデジタル指示溶存酸素計です。 ・DINレール取り付けタイプ ・通信 (RS-485) を介して、各種設定・校正操作が可能 ・24 V電源に対応 (形名指定による)

  • シリーズ

    プラグイン形デジタル指示溶存酸素計 WIL-102-DO



*サンプルリクエストに対応できない場合もあります、ご了承ください。


100人以上が見ています


返答率: 100.0%


無料
見積もり費用は無料のため、お気軽にご利用ください

電話番号不要
不必要に電話がかかってくる心配はありません


溶存酸素計注目ランキング

溶存酸素計の製品31点中、注目ランキング上位6点

電話番号不要

何社からも電話がかかってくる心配はありません

まとめて見積もり

複数社に何度も同じ内容を記入する必要はありません

返答率96%以上
96%以上の方がメーカーから返答を受け取っています


溶存酸素計注目ランキング (対応の早い企業)

平均返答時間が24時間以内の企業の中での注目ランキング

電話番号不要

何社からも電話がかかってくる心配はありません

まとめて見積もり

複数社に何度も同じ内容を記入する必要はありません

返答率96%以上
96%以上の方がメーカーから返答を受け取っています


プラグイン形デジタル指示溶存酸素計 WIL-102-DO 品番2件

各品番毎の詳細は品番をクリックしてください

まとめて問合せ・見積 商品画像 品番 価格 (税抜) 測定範囲 (定格目盛) 溶存酸素濃度 測定範囲 (定格目盛) 溶存酸素飽和率 測定範囲 (定格目盛) 酸素分圧 測定範囲 (定格目盛) 温度 指示精度 時間精度 データ更新周期 シリアル通信 シリアル通信 ケーブル長 シリアル通信 通信回線 シリアル通信 通信方式 シリアル通信 通信速度 シリアル通信 同期方式 シリアル通信 符号形式 シリアル通信 通信プロトコル シリアル通信 データビット/パリティ シリアル通信 ストップビット シリアル通信 エラー訂正 シリアル通信 エラー検出 伝送出力1、2-1 伝送出力1、2-2 伝送出力1、2-3 自己診断機能 入力 周囲温度 周囲湿度 電源 構造 保護構造 適合規格
プラグイン形デジタル指示溶存酸素計 WIL-102-DO-品番-WIL-102-DO,EVT

WIL-102-DO,EVT

要見積もり 目盛範囲:0.00~20.00 mg/L、分解能:0.01 mg/L 目盛範囲:0.0~200.0 %、分解能:0.1 % 目盛範囲:0.0~150.0 kPa、分解能:0.1 kPa 目盛範囲:0.0~50.0℃、分解能:0.1℃ 蛍光式溶存酸素検出器の精度に依存 設定時間に対して±1%以内 5秒 外部コンピュータから次の操作を行う。・各種設定値の読み取りおよび設定・溶存酸素濃度、溶存酸素飽和率、酸素分圧、温度、状態の読み取り・機能の変更、調整・ユーザ保存領域の読み取りおよび設定 1.2 km (最大) ケーブル抵抗値 50Ω以内 (終端抵抗:無しまたは両側に120Ω以上) EIA RS-485 準拠 半二重通信 9600、19200、38400 bpsをキー操作で選択 調歩同期式 ASCII、バイナリ 神港標準、MODBUS ASCII、MODBUS RTUをキー操作で選択 8ビット/無し、7ビット/無し、8ビット/偶数、7ビット/偶数、8ビット/奇数、7ビット/奇数 をキー操作で選択 1ビット、2ビットをキー操作で選択 コマンド再送 ・パリティチェック、チェックサム (神港標準)
・LRC (MODBUS ASCII) 、CRC-16 (MODBUS RTU)
溶存酸素濃度、水温、溶存酸素飽和率、酸素分圧またはMVの何れかをデータ更新周期毎にアナログ量に変換し電流で出力する。 伝送出力上限値と伝送出力下限値を同じ値に設定した場合、伝送出力は4 mA DC固定となる。 ・分解能:12000・電流:4~20mA DC (負荷抵抗 最大550Ω) ・出力精度:伝送出力1スパンまたは伝送出力2スパンの±0.3%以内 ウォッチドッグタイマでCPUを監視し異常時は計器を初期状態にする。 蛍光式溶存酸素検出器 0~50℃ 35~85%RH (ただし、結露しないこと) 100~240 V AC 50/60 Hz 許容変動範囲:85~264 V AC ・DINレール取付方式・ケース:難燃性樹脂 色:ライトグレー・パネル:メンブレンシート 過電圧カテゴリⅡ、汚染度2 (IEC61010-1) RoHS指令対応
プラグイン形デジタル指示溶存酸素計 WIL-102-DO-品番-WIL-102-DO1,EVT

WIL-102-DO1,EVT

要見積もり 目盛範囲:0.00~20.00 mg/L、分解能:0.01 mg/L 目盛範囲:0.0~200.0 %、分解能:0.1 % 目盛範囲:0.0~150.0 kPa、分解能:0.1 kPa 目盛範囲:0.0~50.0℃、分解能:0.1℃ 蛍光式溶存酸素検出器の精度に依存 設定時間に対して±1%以内 5秒 外部コンピュータから次の操作を行う。
・各種設定値の読み取りおよび設定
・溶存酸素濃度、溶存酸素飽和率、酸素分圧、温度、状態の読み取り
・機能の変更、調整
・ユーザ保存領域の読み取りおよび設定
1.2 km (最大) ケーブル抵抗値 50Ω以内 (終端抵抗:無しまたは両側に120Ω以上) EIA RS-485 準拠 半二重通信 9600、19200、38400 bpsをキー操作で選択 調歩同期式 ASCII、バイナリ 神港標準、MODBUS ASCII、MODBUS RTUをキー操作で選択 8ビット/無し、7ビット/無し、8ビット/偶数、7ビット/偶数、8ビット/奇数、7ビット/奇数 をキー操作で選択 1ビット、2ビットをキー操作で選択 コマンド再送 ・パリティチェック、チェックサム (神港標準)
・LRC (MODBUS ASCII) 、CRC-16 (MODBUS RTU)
溶存酸素濃度、水温、溶存酸素飽和率、酸素分圧またはMVの何れかをデータ更新周期毎にアナログ量に変換し電流で出力する。 伝送出力上限値と伝送出力下限値を同じ値に設定した場合、伝送出力は4 mA DC固定となる。 ・分解能:12000・電流:4~20mA DC (負荷抵抗 最大550Ω) ・出力精度:伝送出力1スパンまたは伝送出力2スパンの±0.3%以内 ウォッチドッグタイマでCPUを監視し異常時は計器を初期状態にする。 蛍光式溶存酸素検出器 0~50℃ 35~85%RH (ただし、結露しないこと) 24 V AC/DC 50/60 Hz 許容変動範囲:20~28 V AC/DC ・DINレール取付方式
・ケース:難燃性樹脂 色:ライトグレー
・パネル:メンブレンシート
過電圧カテゴリⅡ、汚染度2 (IEC61010-1) RoHS指令対応

のついている項目名や値は、Metoreeの自然言語処理アルゴリズムを用いて自動生成された値です。各メーカーの製品を横断して比較しやすくするための参考としてご利用ください。自動生成データは黒色の文字、元データは灰色の文字です。

この商品を見た方はこんな商品もチェックしています


溶存酸素計の製品をもっと見る

神港テクノス株式会社のその他の取り扱い製品


神港テクノスの製品をもっと見る

この商品の取り扱い会社情報

会社概要

神港テクノス株式会社は、温度計測制御の製造・販売を行っている会社です。

1945年に神港電機計器製作所として創業し、1949年に株式会社神港電機計器製作所として
設立しました。
オランダ...

もっと見る

  • 本社所在地: 大阪府
Copyright © 2024 Metoree