水平加振台-ST-050-06
水平加振台-エミック株式会社

エミック株式会社の対応状況

返答率

100.0%

平均返答時間

21.2時間

返信の比較的早い企業

この製品について

水平加振台は、振動試験装置の最も身近なオプションです。大型供試品や取付姿勢を変更できない供試品に、水平方向の加振を行なう必要がある場合に使用します。家庭電化製品、コンピュータや事務機器の輸送試験、鉄道車両搭載機器、信号機や自動車部品の耐久評価試験、航空宇宙機器の環境試験など、用途は多岐にわたります。 最も多く使用される領域にあわせた汎用型STシリーズは、ベースの摺動石とテーブルとの間に、オイルを循環させる油膜スリップ方式を採用しています。偏心モーメントの拘束は、オイル循環式リニアベアリングによって強力にサポートされているため、重心の高い供試品や重心のずれた供試品を安全に加振することができます。STシリーズは、耐荷重性と高精度を両立した最も実用的な水平加振台です。 ※他にも型式がございます。

  • シリーズ

    水平加振台

この製品を共有する




160人以上が見ています

最新の閲覧: 5時間前


返答率: 100.0%


無料
見積もり費用は無料のため、お気軽にご利用ください

電話番号不要
不必要に電話がかかってくる心配はありません

水平加振台 品番10件

各品番毎の詳細は品番をクリックしてください

まとめて問合せ・見積 商品画像 品番 価格 (税抜) 有効テーブル寸法 供試体取付ねじ 供試体取付ねじ配列ピッチ 使用上限振動数 最大搭載質量 総テーブル質量 対応振動発生機
水平加振台-品番-ST-050-06

ST-050-06

要見積もり 500×500 mm 25-M10 100 mm 2,000 Hz 500 kg 28 kg 906系
水平加振台-品番-ST-050-16

ST-050-16

要見積もり 500×500 mm 25-M10 100 mm 2,000 Hz 500 kg 32 kg 916系
水平加振台-品番-ST-050-26

ST-050-26

要見積もり 500×500 mm 25-M10 100 mm 2,000 Hz 500 kg 34 kg 926系
水平加振台-品番-ST-050-36

ST-050-36

要見積もり 500×500 mm 25-M10 100 mm 2,000 Hz 500 kg 44 kg 936系
水平加振台-品番-ST-060-06

ST-060-06

要見積もり 600×600 mm 36-M10 100 mm 2,000 Hz 500 kg 35 kg 906系
水平加振台-品番-ST-060-16

ST-060-16

要見積もり 600×600 mm 36-M10 100 mm 2,000 Hz 500 kg 40 kg 916系
水平加振台-品番-ST-060-26

ST-060-26

要見積もり 600×600 mm 36-M10 100 mm 2,000 Hz 500 kg 41 kg 926系
水平加振台-品番-ST-060-36

ST-060-36

要見積もり 600×600 mm 36-M10 100 mm 2,000 Hz 500 kg 52 kg 936系
水平加振台-品番-ST-070-06

ST-070-06

要見積もり 700×700 mm 49-M10 100 mm 1,800 Hz 600 kg 46 kg 906系
水平加振台-品番-ST-070-16

ST-070-16

要見積もり 700×700 mm 49-M10 100 mm 1,800 Hz 600 kg 51 kg 916系

のついている項目名や値は、Metoreeの自然言語処理アルゴリズムを用いて自動生成された値です。各メーカーの製品を横断して比較しやすくするための参考としてご利用ください。自動生成データは黒色の文字、元データは灰色の文字です。

この商品を見た方はこんな商品もチェックしています


加振機の製品をもっと見る

エミック株式会社のその他の取り扱い製品


エミックの製品をもっと見る

この商品の取り扱い会社情報

返答率

100.0%


平均返答時間

21.2時間

会社概要

エミック株式会社は、1971年に設立された産業用計測機器メーカーです。 本社を東京都品川区に置き、名古屋営業所や大阪営業所、東日本受託試験営業チームなどを国内営業拠点として設けるほか、アメリカや中国、タイに関連企業を設け...

もっと見る

  • 本社所在地: 東京都
Copyright © 2024 Metoree