ワイドスラブ電気泳動槽 PAGE スラブ電気泳動槽 8x14cmゲル WSE-1170 マルチレーンゲル電気泳動槽-WSE-1170
ワイドスラブ電気泳動槽 PAGE スラブ電気泳動槽 8x14cmゲル WSE-1170 マルチレーンゲル電気泳動槽-アトー株式会社

ワイドスラブ電気泳動槽 PAGE スラブ電気泳動槽 8x14cmゲル WSE-1170 マルチレーンゲル電気泳動槽
アトー株式会社


この製品について

ゲルサイズ140mm幅、30検体 / ゲル (最大60検体 / ゲル2枚) アプライ可能なポリアクリルアミドゲル用の電気泳動槽です。 製品概要 ゲルサイズ140mm幅のワイド型泳動槽。ゲル2枚同時泳動時には最大60検体の試料アプライが可能 (30検体 / ゲル) です。「高速ハイレゾ電気泳動」なら最短30分で泳動終了。多検体スクリーニング等に是非ご利用ください。 目的・用途 多検体を同一・同時 ゲル電気泳動で比較できます。 ・細菌叢の研究、遺伝子発現などの各種スクリーニングに ・SDS-PAGE (SDS-ポリアクリルアミドゲル電気泳動) ・nativePAGE (非変性ポリアクリルアミドゲル電気泳動) ・タンパク質・ポリペプチドの分離・同定、純度確認、分子量推定等 ・精製物・発現タンパク質の確認 ・DNAの電気泳動、PCR産物の確認 製品特長 ・多検体 (60検体 / ゲル2枚) 泳動が可能 大規模なスクリーニングへの対応 1枚のゲル (同一実験条件) にて比較が可能 ・「高速ハイレゾ電気泳動」なら最短30分で泳動終了 (※ EzGelAceで作製したゲル又はEzRunMOPS泳動バッファーの使用を推奨) ・マルチピペット間隔対応 ウェル間隔4.5mmピッチマルチピペット間隔対応 ・泳動距離は、ミニゲル (約8cm) と同様 十分な泳動距離で分離をしっかり ミニゲルの泳動像との比較が可能・ ・脱スマイリング真直ぐな泳動パターンを 上部/下部バッファーによる両面恒温を実現 ・脱ボンミス「極性自動切換機能」 +陽極、-陰極の接続は必ず下部が+陽極になる極性自動切換機能採用 ・試料のアプライがしやすい 前面オープンで試料のアプライが容易 ・簡単ゲルプレートセッティング 「くさび形プレート押え」採用で誰でも確実・簡単にガラスプレートセットが可能 ・安心品質の「しっかりシールパッキン」 柔軟性・緻密性・形態性に優れた素材と特殊形状のパッキンでバッファー漏れなし ・厚めのアクリル素材でがっしり安心型RI遮断効果あり

  • シリーズ

    ワイドスラブ電気泳動槽 PAGE スラブ電気泳動槽 8x14cmゲル WSE-1170 マルチレーンゲル電気泳動槽

この製品を共有する




280人以上が見ています

最新の閲覧: 13時間前


無料
見積もり費用は無料のため、お気軽にご利用ください

電話番号不要
不必要に電話がかかってくる心配はありません

ワイドスラブ電気泳動槽 PAGE スラブ電気泳動槽 8x14cmゲル WSE-1170 マルチレーンゲル電気泳動槽 品番1件

商品画像 品番 価格 (税抜) 対応泳動プレート ゲルサイズ 同時泳動ゲル数検体数 試料アプライ量 プレート装着方式 プレート恒温方式 緩衝液容量 泳動槽部極性 安全対策 材質 本体寸法・質量 標準構成品
ワイドスラブ電気泳動槽 PAGE スラブ電気泳動槽 8x14cmゲル WSE-1170 マルチレーンゲル電気泳動槽-品番-WSE-1170

WSE-1170

¥91,300 160mm(W)×100mm(L),トータル5mm厚 140mm(W)×80mm(H)×1mm(D) 最大2枚30検体/ゲル Max約20μL/ウェルウェル幅3mmマルチピペット間隔対応 くさび形プレート押えによる押圧方式 上部および下部緩衝液による両面恒温化 Total900mL(Max) 極性自動切換機能(電源接続方向にかかわらず上部槽:陰極、下部槽:陽極) リード線付安全カバー アクリル、シリコン 204mm(W)×98.6mm(D)×130mm(H)(突起除く)0.9kg(泳動プレート類を除く) 本体(泳動槽、プレート押え2個、リード線付安全カバー)、ダミープレート5mm厚、取扱説明書

のついている項目名や値は、Metoreeの自然言語処理アルゴリズムを用いて自動生成された値です。各メーカーの製品を横断して比較しやすくするための参考としてご利用ください。自動生成データは黒色の文字、元データは灰色の文字です。

アトー株式会社のその他の取り扱い製品


アトーの製品をもっと見る

この商品の取り扱い会社情報

会社概要

アトー株式会社は、生化学、分子生物学、バイオテクノロジー分野の研究支援機器の開発、生産、販売、サービスを主な事業内容とする企業です。 1964年にミツミ科学産業株式会社として設立され、1978年の商号変更で現在のアトー...

もっと見る

  • 本社所在地: 東京都
Copyright © 2024 Metoree