NI LabVIEWによる制御が可能なFPGAとCPUを搭載 FPGA型分光器安定化システム Flex MOSTAB-Flex MOSTAB
NI LabVIEWによる制御が可能なFPGAとCPUを搭載 FPGA型分光器安定化システム Flex MOSTAB-株式会社中央電機計器製作所

NI LabVIEWによる制御が可能なFPGAとCPUを搭載 FPGA型分光器安定化システム Flex MOSTAB 株式会社中央電機計器製作所

株式会社中央電機計器製作所の対応状況

返答率

100.0%

平均返答時間

1.0時間

返信のとても早い企業

この製品について

分光器のビームの位置や強度を測定し、それらが一定になるように二結晶分光器の第一結晶の角度をフィードバック制御するシステムです。フィードバックコントローラとその制御ソフトウェアで構成されており、シンプルな一軸制御のフィードバックシステムとなっています。これにより、分光器の出射ビーム位置や強度を効果的に安定化することができます。 Flex MOSTAB (Monochromator Stabilization) は、従来のDSP型MOSTABに代わり、NI LabVIEWによる制御が可能なFPGAとCPUを搭載したNI社製汎用ボードであるNI Single-Board RIOと、従来のDSP型MOSTABに周辺回路を加えた19インチラックマウントシャーシ内に収めたシステムです。DSPからFPGAに置き換えたことで、今までになかった新しい機能を搭載しています。

■用途

分光器のビームの位置や強度を測定し、それらが一定になるように二結晶分光器の第一結晶の角度をフィードバック制御するシステム

■導入実績

Spring-8やPF (フォトンファクトリー) をはじめとする放射光施設の実験ハッチにてご活用いただいています。

  • シリーズ

    NI LabVIEWによる制御が可能なFPGAとCPUを搭載 FPGA型分光器安定化システム Flex MOSTAB

この製品を共有する




120人以上が見ています

最新の閲覧: 12時間前


返答率: 100.0%

平均返答時間: 1.0時間


無料
見積もり費用は無料のため、お気軽にご利用ください

電話番号不要
不必要に電話がかかってくる心配はありません

NI LabVIEWによる制御が可能なFPGAとCPUを搭載 FPGA型分光器安定化システム Flex MOSTAB 品番1件

商品画像 品番 価格 (税抜) プロセッサ システムメモリ 不揮発性ストレージ FPGAタイプ ネットワークインタフェース アナログ入力 チャンネル数 アナログ入力 分解能 アナログ入力 最大サンプリングレート アナログ入力 入力レンジ アナログ出力 チャンネル数 アナログ出力 分解能 アナログ出力 最大サンプリングレート アナログ出力 入力レンジ 外形寸法
NI LabVIEWによる制御が可能なFPGAとCPUを搭載 FPGA型分光器安定化システム Flex MOSTAB-品番-Flex MOSTAB

Flex MOSTAB

要見積もり 400MHz 256MB 512MB Xilinx Spartan-6 LX25 10BaseTおよび100BaseTX Ethernet 3 16ビット 200kS/s ±10V、±5V、±2V、±1V 3 12ビット 336kS/s 0~5V 482.4mm×330mm×88mm

のついている項目名や値は、Metoreeの自然言語処理アルゴリズムを用いて自動生成された値です。各メーカーの製品を横断して比較しやすくするための参考としてご利用ください。自動生成データは黒色の文字、元データは灰色の文字です。

株式会社中央電機計器製作所のその他の取り扱い製品


中央電機計器製作所の製品をもっと見る

この商品の取り扱い会社情報

返答率

100.0%


平均返答時間

1.0時間

会社概要

株式会社中央電機計器製作所は、1960年に設立された、テスト・計測・制御システムを開発・提供する企業です。 テスト・計測・制御システムはあらゆる産業にとって欠かせないものでありますが、同社の試験装置は、特に自動車、鉄道...

もっと見る

  • 本社所在地: 大阪府
Copyright © 2024 Metoree