自動加熱水分気化装置 EV-2010-EV-2010
自動加熱水分気化装置 EV-2010-株式会社HIRANUMA

自動加熱水分気化装置 EV-2010 株式会社HIRANUMA

株式会社HIRANUMAの対応状況

返答率

100.0%

平均返答時間

1.9時間

返信のとても早い企業

この製品について

リーズナブルな固体・粉体連続自動測定システム (10検体用) 水分測定装置と組み合わせてシステム化します。 試料容器の移送、加熱、測定の一連の操作を自動的に行います。

■特徴

1. 自動測定 多検体を自動測定でき、効率的な水分測定が行えます。 2. 加熱温度 (室温~300℃) 試料の加熱温度は、室温から300℃まで任意に設定できます。 3. 測定条件ファイル 測定条件ファイルが50個あり、試料ごとに最適な温度を設定登録できます。 4. 試料ごとに昇温設定可能 試料ごとに3ステップまでの昇温設定ができます。 5. 取り扱いが簡単な試料容器 容器の底から口までストレートであるため、溶けた試料の取り出しが容易です。 6. PCタイプの水分測定装置との組み合わせも可能 PCタイプのAQ/AQV-2260との組み合わせも可能です。

  • シリーズ

    自動加熱水分気化装置 EV-2010

この製品を共有する




170人以上が見ています


返答率: 100.0%

平均返答時間: 1.9時間


無料
見積もり費用は無料のため、お気軽にご利用ください

電話番号不要
不必要に電話がかかってくる心配はありません

自動加熱水分気化装置 EV-2010 品番1件

商品画像 品番 価格 (税抜) 水分気化法 試料容器 試料容器設置数 試料量 (体積) キャリヤーガス・流量 乾燥剤 ヒータ・温度制御 加熱温度設定範囲 測定終了位置設定 測定終了後の処置 電源 大きさ・重さ オプション
自動加熱水分気化装置 EV-2010-品番-EV-2010

EV-2010

要見積もり 通気加熱気化法 硬質ガラス容器、アルミ箔パッキン、PTFE製ふた 10検体 約10 mLまで N2ガス (もしくはオプションの乾燥空気用ポンプによる乾燥空気) 、30~300mL / 分 (設定可能) モレキュラシーブス バンドヒータ、PID制御方式 室温~300℃、水分測定装置にて3段階までの設定が可能 終了位置へストップピンを設定 終了ブザー AC100V±10%50 / 60Hz約150VA 260W×600D×280H (mm) 約11kg ・乾燥空気用ポンプ・操作スイッチEV

のついている項目名や値は、Metoreeの自然言語処理アルゴリズムを用いて自動生成された値です。各メーカーの製品を横断して比較しやすくするための参考としてご利用ください。自動生成データは黒色の文字、元データは灰色の文字です。

株式会社HIRANUMAのその他の取り扱い製品


HIRANUMAの製品をもっと見る

この商品の取り扱い会社情報

返答率

100.0%


平均返答時間

1.9時間

会社概要

株式会社HIRANUMAは、1943年に創業した分析機器メーカーです。

一般社団法人日本分析機器工業会や一般社団法人日本科学機器協会に加盟し、自動滴定装置や水分測定装置、水銀測定装置などの開発及び製造並...

もっと見る

  • 本社所在地: 茨城県
Copyright © 2024 Metoree