Metoree

【2020年版】効果的なBtoB製造業のマーケティング手法7選

製造業企業は、一昔前までは、マーケティング注力している企業は多くはありませんでした。高品質な製品を生産すること、優秀な営業担当を雇うことが大切だと考えられていました。

しかし近年、製造業におけるマーケティングの役割が再認識され始めています。

BtoB製造業の購買担当者の94%は、製造会社の営業担当者と打ち合わせをする前に、オンラインで自分でリサーチをするようになりました。

まだ手を打てていない企業、何から始めたらよいかわからない企業は、早速この記事を読んでマーケティングにトライしてみましょう。

marketing

メーカーにとってマーケティングが重要な理由

製造業においては、他の業界と比べてマーケティングが軽視されている傾向にあります。

特に中小メーカーでは、経営者自身が製品開発やエンジニアの場合が多く、販売よりも製品の品質を重視する傾向があります。

しかし、下記の2点からもわかる通り、インターネットの発展により、メーカーにとってマーケティングは必須になってきています。

  • B2Bの購買担当の94%は、メーカーの営業担当者とコンタクトする前にオンラインでリサーチを行っている。
  • B2Bの検索の71%はGoogleやYahooなどの検索です。つまり、検索結果に表示されなければ、新しいリードを獲得することは難しいということです。

manufacture

製造業におけるマーケティングの現状

いまやマーケティングは単なる営業サポートではなく、製造業企業を成長には欠かせません。しかし、いまだに予算やサポートが限定されており、重要視されていない企業が多いです。

marketing

効果的なBtoB製造業のマーケティング手法7選

メーカーが認知度を高めたり、リード顧客を獲得するためのマーケティング手法は数多くあります。 今回は、その中でも効果的な手法7選をご紹介します。

展示会(オンライン展示会)

展示会は、新しい見込み客に出会ったり、見込み顧客との関係性を強めるには、効果的な手法です。

展示会への参加には費用がかかるため、まずは小規模で試してみるのが良いかもしれません。

また、コロナの広がりによって、オンライン展示会の開催も増えてきています。

manufacture

ウェビナー

B2Bマーケティング戦略にウェビナーを活用している製造業の企業には、質の高いリードを獲得している企業が多くあります。

最近では、B2Bマーケティング担当者の65%以上が、常にウェビナーをトップマーケティングツールの1つに挙げています。

ウェビナーは一般的に対面での講演会やセミナーに比べて費用が安いため、費用対効果高くリードを生み出すことができます。またウェビナーのコンテンツはウェブサイトに追加することができるので、イベントが開催された後も、継続して効果を発揮します。

ブログ・オウンドメディア

ブログ、オウンドメディアは、サイト訪問者を増加するのに効果を発揮します。また、イベントや新製品の紹介に利用することができます。

ブログは効果が出るまでに時間がかかりますが、費用対効果が高く、顧客や見込み客との関係性を強めることで、競合他社との差別化を図るのに役立ちます。

【2020年版】BtoB製造業のオウンドメディア・ブログ事例まとめ

ソーシャルメディア(SNS)

製造業は他の業界に比べてソーシャルメディアの活用が浸透していません。気になっているが、やり方が分からないという方も多いのではないでしょうか。Facebook、Twitter、LinkedIn、Instagram、YouTubeなど様々なSNSがあり、何から始めたらよいかわからないという方も多いかと思います。

手軽に始められるという意味で初心者におすすめなのは、TwitterやFacebookです。まずは、簡単に自社製品情報の投稿から始められます。

また、Youtubeを使うことで、動画を使って直感的に製品の価値を訴求することができます。動画の撮影には労力がかかりますが、特に対面営業が難しく、直接製品を見てもらう機会が少ない今は、効果的なツールです。

【2020年版】BtoB製造業のSNS活用事例まとめ

コールドコール

「コールドコール」とは、「飛び込み営業電話」のことです。外出が難しく、訪問営業ができない今は、営業電話が効果を発揮します。

具体的な方法としては、まずは販売したい自社製品に関連するキーワードで検索し、検索結果に表示される企業のリストを作成してみましょう。リストには、コンタクト先のほかに、企業URLや営業結果欄を設けておきましょう。

リストが完成したら、リストの上から順にコンタクトをしていきます。大企業の場合、コンタクト先がコールセンターにつながるケースが多いですが、中小企業の場合、担当者と直接話せる機会が多いので、中小企業の方がおすすめです。

関連記事


【2020年版】BtoB製造業のオウンドメディア・ブログ事例まとめ


【2020年版】BtoB製造業のSNS活用事例まとめ


【2020年版】メーカーのyoutube活用事例まとめ


BtoB製造業のホームページ活用事例まとめ


日本最大級の製造業ポータルサイト「ものづくり.com」について