日本電産サーボ株式会社
日本電産コパル電子株式会社
日本ムーグ株式会社
三晃電気工業株式会社
ビー・エル・オートテック株式会社
ニッタ株式会社
ツバメ無線株式会社
エヌエスディ株式会社

【2021年版】スリップリング5選 / メーカー18社一覧

スリップリングのメーカー18社・49製品を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


スリップリングとは

スリップリングとは、外部からの電力信号を伝えることができる回転コネクタです。また、振動や、応力、軸力を計測した微小な信号を伝送し、計測、制御用にも利用されます。固定した側に電源を供給するリード線の役目にもなります。

スリップリングの取り付けは主に2種類です。軸端取り付けタイプは回転体の末端に取り付けます。中空タイプは回転軸にリングブロックをはめ込みます。また、リングとブラシが一体型のタイプとリングとブラシが分離しているタイプがあります。

スリップリングの使用用途

スリップリングは低速回転用から20000rpmもの高速用まで展開しています。また、対応できる電力にも幅があり、実験、開発用から設備用まで広く利用されています。

風力発電機、工作機械、遠心分離機、撹拌機、ヘリコプターといった回転体のヒーターやモーターの電源供給に使用されます。他にも半導体製造装置やCTスキャンのような医療機器、非破壊検査、音響装置など幅広い用途があります。回転体を介した温度、ひずみ、トルクの測定にも使われています。

スリップリングの原理

スリップリングは回転体の照明など、電源を必要とする箇所に電源を供給する中継地点の役割を果たしています。また、回転体の温度やトルクなどの計測した信号を計測機器に伝送する場合にも使用されます。

回転体のターンテーブルなどの回転軸にリング状の電極部分(リングユニット)がついています。リングユニットの外周や側面にブラシ状の電極部分が接触し、接触した箇所を接点として、電力と信号を伝送する構造です。リングユニットが回転してもブラシとは常に接点を持つため、安定した電力の供給と信号の伝送が可能になっています。

リングユニットにはベアリングがついていて、摩擦を減らしなめらかで安定した回転が可能なように作られています。スリップリングのリングとブラシの接点部分にはや銀といった貴金属を使用することで液漏れなどの心配もなく、接触抵抗を安定化させることができます。ブラシ部分にはカーボンや銅、銀合金などが使用されています。

電力や信号の配線が多い場合にはスリップリングも必然的に大型になります。また、どうしても摩耗するため、定期的なメンテンナンスが必要です。

スリップリングのブラシの役割

スリップリングは、ブラシが接点の役割をしていることによって回転体上の電気機器から固定側に送電しています。ブラシが常に回転体と接触しているため、回転体が360°どの位置にあっても配線のねじれやシャフトへの絡まりなく送電が可能となります。

回転体側と固定側との送受信が必要な信号数に応じて、ブラシ(接点)の個数は変化します。そのため、通信機器が多くなればなるほどブラシの個数が多く必要となり、結果としてスリップリング全体の巨大化につながります。ですがシリアル通信やCAN通信を使用すればブラシ(接点)数を減らすことも可能です。

CAN通信を行えばブラシ(接点)の数を必要最小限でスリップリング本体も小型のままで、多数の機器と通信することができます。しかし、通信を行う際にはノイズに注意しなければなりません。スリップリングのブラシは物理的に回転体を接触しているため、振動やスリップリングへの水侵入によってノイズが発生する恐れがあるからです。ブラシの形状もメーカーによってさまざまなタイプが用意されているため、目的に合わせたブラシを選択するとよいです。大電流を扱う場合はブラシ(接点)の接触面積が大きくタイプで、火花が発生する恐れがなく確実に送電できものを選択するのが一般的です。

スリップリングのデメリット

スリップリングのデメリットとして、ブラシの摩耗による接点不良が発生する可能性があることが挙げられます。ブラシは物理的に回転体と接触しているため、経年劣化により接触不良が発生することがあります。

特に外で使用する機器においては、砂埃が侵入することで早期にブラシが損傷する場合もあります。そのため数年に1度はブラシの掃除、潤滑剤の塗布を行うことで寿命を延ばすのが一般的です。このとき使用する潤滑剤は、導電性のあるものを選択します。導電性がない場合、ブラシ部分で通電不良が発生し、回転体側と固定側が通信不良となる恐れがるため注意が必要です。

参考文献
https://www.totukizai.co.jp/product/slipring/about.html
http://www.tosoku.jp/slipring.html
http://www.hikari-slipring.co.jp/publics/index/43/
http://www.kyoeidenki.jp/slipring/
https://slipring-japan.com/Slipring.html

スリップリングのメーカー情報

スリップリングのメーカー18社一覧


スリップリングのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 ニッタ株式会社
  2. 2 日本電産サーボ株式会社
  3. 3 日本電産コパル電子株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 ビー・エル・オートテック株式会社
  2. 2 三晃電気工業株式会社
  3. 3 Moog GAT GmbH

歴史のある会社

  1. 1 ニッタ株式会社
  2. 2 東京通信機材株式会社
  3. 3 ツバメ無線株式会社

スリップリング5選

S22

日本電産サーボ株式会社

特徴

日本電産サーボ株式会社のS22は、4極のスリップリングです。

許容電流は0.1 A、接触抵抗は1 Ω max、許容回転速度は400 rev/min max、回転寿命は2×107 rev 、軸受はボールベアリングを使用しています。

回転体からのデータ取得や回転体への電源供給に使われるもので、回転体の温度・ひずみ・トルクの測定、撹拌機、半導体製造装置、医療機器、非破壊検査、音響機器など幅広い用途があります。

日本電産サーボ株式会社の会社概要

製品を見る

小型スリップリングカプセル

日本ムーグ株式会社 小型スリップリングカプセル 画像出典: 日本ムーグ株式会社公式サイト

特徴

小型スリップリングカプセルは、日本ムーグ株式会社が提供している10,000種類以上の各種スリップリングの中で一般産業向けの最もコンパクト・小型のシリーズです。

当社最小サイズの新製品SRA-73540は、定格2 Aの回路を最大12個まで使用することができます。最大連続回転速度は250 rev/min、接点は両側に金を使用、サイズは直径11.17 mm,長さ16.25 mmと非常にコンパクトです。

主な用途は、医療機器、ロボット、実験室用機器などです。

日本ムーグ株式会社の会社概要

製品を見る

スリップリング

三晃電気工業株式会社

特徴

三晃電気工業株式会社のスリップリングは、回転体へ電気信号・電力を供給したり取り出しするもので、最大18極までラインアップされています。

電圧はAC 200 V、DC 100 V、許容電流は最大36 Aです。また絶縁抵抗は50 MΩ(500 V)以上、絶縁耐力は2,500 V、許容回転速度は2,000 rev/minです。熱電対を使用する場合は補償導線を組み合わせます。

用途はロールヒータ、包装機械、実験計測機器などです。

三晃電気工業株式会社の会社概要

  • 会社所在地: 大阪府松原市丹南6丁目498-1
  • URL: http://www.sankodk.jp/
  • 創業: 1984年
  • 従業員数: 466人

製品を見る

MSW-150

ニッタ株式会社 MSW-150 画像出典: ニッタ株式会社公式サイト

特徴

ニッタスイベルジョイントMSW-150は、電気接点のスリップリングと空気や水などの流体用の接点を組み合わせたもので、ロボットの自由度を飛躍的に高め、動きを柔軟にする画期的な製品です。

回転部から固定部へ、またその逆方向に電気と流体を連続的に接続できるので、面倒な配線と配管の取り回しの必要がなくなり、高い生産性が得られます。

自動車産業でスポット溶接ロボットへの応用を推奨します。

電気信号は1 A、18接点、電力は400 A、1接点、流体は水・空気4 ポート、有効断面積は11 mm^2です。

ニッタ株式会社の会社概要

製品を見る

27形

ツバメ無線株式会社 27形 画像出典: ツバメ無線株式会社公式サイト

特徴

ツバメ無線株式会社の光学式ロータリーエンコーダー27形は、4極および6極の超小型スリップリングです。

コネクタは固定側・回転側双方とも直付けされています。また主な用途はアミューズメント機器、測定機器、医療機器などです。

回転トルクは15 mN・mと非常に軽く、接触抵抗は500 mΩ(初期)、最大電流は0.6 A(1回路当たり)、最大電圧はDC12 V、最大回転速度は60 rev/min、寿命は300万回転です。

ツバメ無線株式会社の会社概要

製品を見る

スリップリングの49製品一覧

スリップリングのオンライン購入


モノタロウでチェック


ミスミでチェック

スリップリングの中古品


ヤフオクでチェック


メルカリでチェック

関連記事

カテゴリから探す