株式会社ピーアンドエフ
株式会社ノーバス
株式会社オートニクス
株式会社エー・アンド・デイ
日本ハネウェル株式会社
富士電機機器制御株式会社
光洋電子工業株式会社
フォーティブICGジャパン株式会社
フエニックス・コンタクト株式会社
スナオ電気株式会社
システムアーツ株式会社
オムロン株式会社

【2021年版】デジタルタイマ5選 / メーカー28社一覧

デジタルタイマのメーカー28社・124製品を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


デジタルタイマとは

デジタルタイマーとは、任意に設定した時間が経過したタイミングで電気回路の接点のオンオフを切り替えることを目的として回路へ組み込まれるリレー機器のひとつです。

タイマーにはアナログタイマとデジタルタイマーがありますが、ダイヤル目盛りなどで手動設定するアナログタイマに比べて、数値設定するデジタルタイマーの方がより細かい設定が可能です。そのため、制御精度は高くなりますが、設定方法がアナログタイマに対してやや複雑です。

デジタルタイマの使用用途

ある一定時間だけ稼働させたい機器がある場合、設定時間後に信号がオフに切り替わるように回路へ組み込むことで、好きなタイミングでその装置の動きを止めることができます。

例えば、加熱装置や攪拌装置などにデジタルタイマーを接続することで、一定時間だけサンプルを加熱したり攪拌したりといった動作を実現できます。

また、一定時間後に装置を稼働させたい場合はその逆になるように回路設定すればよく、精密計測機器のようにサンプルのドリフトを十分抑えてから動かしたい装置などに使用されます。

デジタルタイマの原理

アナログタイマとデジタルタイマーとでは、時間の計数手法が異なり、デジタルタイマーはクロックと呼ばれる非常に精度の高いパルス波の個数をカウントすることで時間を積算制御しています。そのため、タイマー時間が長くなった際の誤差の蓄積が小さく、精度の高いタイマー制御ができます。

タイマーは設定時間になった際に接点が切り替わりますが、その後元の接点に復帰する制御ができます。その復帰制御方法にはオンディレイ制御とオフディレイ制御と呼ばれる2通りの手法が存在します。

オンディレイ制御とは、設定時間が経過した際に接点がオンになったあと、さらに少し時間をおいてから動作が始まります。例えば、押しボタン式の信号機などはこのオンディレイ制御を用いてタイマー時間からさらに経過時間を稼いでいます。

一方、オフディレイ制御は接点が切り替わった直後から動作が始まりますが、その後設定時間が経過しても復帰にさらに時間がかかります。これは人感センサーにより自動点灯する照明などに利用されます。

デジタルタイマのフリッカ動作

フリッカ動作とは、ONとOFFを一定周期で繰り返す動作を指します。デジタルタイマをフリッカ動作で利用すると、一定時間ごとにON・OFFを切り替える必要があるケースに活用できます。

フリッカ動作の実用例としては、信号機や点滅信号、ブザーの断続音などがあります。定期的に合図を送り通知する用途に用いることが多く、多くの場面で利用されているデジタルタイマの動作方法です。

出力がOFFからスタートし、OFF、ON、OFFと繰り返す動作を「フリッカオフスタート」と呼び、出力がONからスタートして、ON、OFF、ONと繰り返す動作を「フリッカオンスタート」と呼びます。

フリッカ機能のあるデジタルタイマは、基本的にはOFFまでの時間とONになる時間は同一の設定時間となります。もし、両者を異なる時間に設定する場合は、ツインタイマ動作を行える機器を選定する必要があります。

デジタルタイマの種類

デジタルタイマには用途に応じて様々な製品が販売されています。製造現場等で用いるデジタルタイマは、高精度であり多機能です。フリッカ動作やワンショット出力の可否、オンディレイ・オフディレイ制御の可否や、インターバル機能の有無などに応じて様々なグレードの製品があります。一般的に、高度な機能であればあるほど、価格も高価となります。

また、実装スペースが限られた場所に設置する場合には、小型化されたデジタルタイマが選択肢となります。スペースに合わせやすいようにタイマの形状を縦長にした製品なども販売されています。その他、視認性が重要となる場所に設置する場合は、画面表示が高精細でわかりやすいように設計されている製品もあります。

スポーツの分野で利用されるデジタルタイマは、観客からも見えるような大型の製品や視認性の高い製品が販売されています。陸上競技のように精密な時間測定が必要なスポーツ向けに、スタートとゴールにセンサーを設けて自動でタイムを計測する製品なども販売されています。

参考文献
https://www.marutsu.co.jp/contents/shop/marutsu/mame/167.html
https://www.fa.omron.co.jp/guide/technicalguide/19/89/index.html
https://www.fa.omron.co.jp/guide/faq/detail/faq03015.html
https://www3.panasonic.biz/ac/j/service/tech_support/fasys/glossary/component/timer/005/index.jsp
https://chief-engineer.info/timer-counter/#toc9
https://www.seiko-sts.co.jp/products/detail/sts_1362.html
https://www.fa.omron.co.jp/guide/faq/detail/faq02984.html

デジタルタイマの性能比較

各種デジタルタイマの値をグラフにプロットし、表にしました。ベータ版機能のため一部製品のみの表示となっております。

デジタルタイマの性能比較表

横にスクロールすると表の全体をご覧頂けます。

製品名 TICO 731 Type 1 TICO 731 Type3 TICO 731 Type5 TICO 734 006 タイムカウンタ H5CZ H5CX-□-N LC4H-S電子カウンタ(プリスケール機能付) LC4H-L電子カウンタ(DIN□48) KC-LCDC-48-2R-230VAC KC-LCD-48-1R-230VAC
表示桁数 8 8 6 6 4 4 6 4 6 6 6
計数速度[Hz] 7500 20 7500 10000 1000 1000 5000 5000 20 55000 5000
会社名 フォーティブICGジャパン株式会社 フォーティブICGジャパン株式会社 フォーティブICGジャパン株式会社 フォーティブICGジャパン株式会社 オムロン株式会社 オムロン株式会社 パナソニック株式会社 パナソニック株式会社 株式会社ピーアンドエフ 株式会社ピーアンドエフ

デジタルタイマのメーカー情報

デジタルタイマのメーカー28社一覧


デジタルタイマのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 パナソニック株式会社
  2. 2 オムロン株式会社
  3. 3 フォーティブICGジャパン株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 富士電機機器制御株式会社
  2. 2 日本ハネウェル株式会社
  3. 3 Sweeta Products Corporation

歴史のある会社

  1. 1 VWR
  2. 2 Spirax Sarco
  3. 3 Rockwell Automation, Inc.

デジタルタイマ5選

RT シリーズ

株式会社キーエンス

特徴

RT シリーズは、視認性にこだわり、使いやすさを追求した4桁のデジタルタイマです。

表示文字の大きさは12 mmの高さがあり、離れたところからも十分読み取れ、またパネル面がフラットなので簡単に汚れを拭き取ることができます。

0.001秒から9999時間まで、1台のタイマーで各種制御用途に対応できます。

パネル 埋込み取り付け、表面取り付け、およびDINレール取り付けの3つの取り付け方法があり、また停電記憶時間が約10年あり、広範囲な用途に使えます。

株式会社キーエンスの会社概要

  • 会社所在地: 大阪府大阪市東淀川区東中島1-3-14
  • URL: https://www.keyence.co.jp
  • 創業: 1974年
  • 従業員数: 8,419人
  • 資本金: 30,600,000,000円

製品を見る

TICO 731 Type 1

フォーティブICGジャパン株式会社

特徴

ヘンクストラ(Hengstler)のタイムカウンタ・アワーメータTICO 731 シリーズは、マルチ機能を特徴とする電子式デジタルタイマです。

用途に応じて、パルスカウンタ、タコメータ、タイムカウンタなど7種類の機能から指定ができます。

DINサイズ24×48 mmの非常にコンパクトで、簡単にパネルマウント可能です。

主に制御用途に使用され、ハイコントラストのLCD8桁表示、7.5 kHzの高い計測速度、Type 1はリチュウム電池内蔵などの特徴があります。

フォーティブICGジャパン株式会社の会社概要

製品を見る

MACX-TR-1T-MUL - 1096429

フエニックス・コンタクト株式会社 MACX-TR-1T-MUL - 1096429 画像出典: フエニックス・コンタクト株式会社公式サイト

特徴

タイマーリレーMACX-TR-1T-MUL-1096429は、シンプルなタイムシーケンスの制御に適したコストパーフォーマンスが良い多機能デジタルタイマです。

OLEDディスプレイ、NFC通信、スマートフォンアプリなどの多くの機能を有し、押しボタンによりタイマプロセスを簡単に設定でき、高い信頼性で制御できます。 

世界中で使えるように多くの種類の電源ユニットを備えています。

機械・システムの連続生産、ビル設備のアプリケーションなどに適しています。

フエニックス・コンタクト株式会社の会社概要

製品を見る

LC2Hトータル電子カウンタ

パナソニック株式会社 LC2Hトータル電子カウンタ 画像出典: パナソニック株式会社公式サイト

特徴

パナソニックLC2Hトータル電子カウンタは、DINハーフサイズのデジタルタイマです。

文字の大きさが従来の7 mm高さから8.7 mm高さへ大幅アップして、見やすくなりました。

パネルへの取り付けは、作業がし易いワンタッチ方式と、取付枠方式の2種類を選択でき、またパネルカバーを交換してデザインを変えることができます。

パネル取り付けタイプは電池が内蔵され外部電源が不要、またねじ端子部が安全な構造を採用など幅広い産業機器への用途に配慮しています。

パナソニック株式会社の会社概要

製品を見る

H5CZ

オムロン株式会社 H5CZ 画像出典: オムロン株式会社公式サイト

特徴

オムロンH5CZは、徹底した使いやすさと経済性を追求したデジタルタイマです。各桁のシーソーキーを使用することで操作が簡単で、各種の制御盤に使用できます。

デジタル化することにより、精度向上、経過時間の表示ができるようになります。

誤配線した場合の故障を防ぐため、入力回路とタイマの電源回路とを分離絶縁して安全性を向上させました。

出力回数のカウント機能を設け、出力がONした回数を積算カウントすることで、タイマと負荷の寿命予知ができます。

オムロン株式会社の会社概要

製品を見る

デジタルタイマの124製品一覧

関連記事

カテゴリから探す