日東工器株式会社

【2021年版】タガネ メーカー8社一覧

タガネのメーカー8社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


タガネとは

タガネは金属や岩石、コンクリート等を加工するための鋼鉄の工具です。先端の形状が幅広のものや細いものなどいろいろと種類があり用途に応じて使い分けます。英語名がチゼルなのでチゼルと呼ばれる場合もありますが、ほぼ同じ用途で使用されています。

タガネは先端がやや幅広くなっていて、鋭く磨かれています。コンクリートのはつり作業ではこの先端部分を使って不必要な部分をこそげ落とします。また、溶接作業の金属バリやスパッタを落とすために使用されることもあります。

タガネの使用用途

タガネは先端の鋼鉄部分を利用して薄い鉄板の切断をしたり、古いコンクリートを剥がすはつりの用途で使用されています。用途に応じてタガネの種類を使い分けます。人力で作業するので、比較的細かな部分の加工に向いています。割りにくい材質や厚みがある板の場合はハンマーでタガネを打ちつけて叩き割ります。

他にも、レンガやブロックといった石材をタガネで割ることもあり、住宅のリフォーム等ではタガネがよく利用されています。

タガネの原理

タガネは薄い鉄板や石材など強度のある材質を加工する工具なので、対象物よりも強度が高い鋼鉄が使用されています。タガネに使用される鋼鉄には、高周波の焼き入れなどを行い特殊加工を施して強度を高めているものも多くあります。タガネはそれほど鋭い工具ではありませんが、先端の鋼鉄部分に指が当たると切れてケガをする可能性がありますので注意が必要です。

タガネは用途に応じていろいろな種類があります。

  • 平タガネは棒状のタガネで、先端がやや幅広くなっています。一般的で広い用途で利用されています。
  • レンガタガネはヘラのように先端の幅が広い形状で、レンガや石材を割る用途に使用します。
  • カットチゼルはレンガタガネと形状が似ていて、ブロックを剥がしたり、道路の白い標識等を剥がすために使用します。
  • スロットチゼルは持ち手部分と先端部分が平たく、板金やバリ取りに向いています。
  • チスタガネは先端が鉛筆のように細くなっており、先端に力が加わりやすくなっています。

参考文献

https://www.monotaro.com/s/pages/cocomite/383/

https://electrictoolboy.com/media/5055/

タガネのメーカー情報

タガネのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 トラスコ中山株式会社
  2. 2 日東工器株式会社
  3. 3 京都機械工具株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社小寺製作所
  2. 2 トラスコ中山株式会社
  3. 3 日東工器株式会社

歴史のある会社

  1. 1 TONE株式会社
  2. 2 株式会社ハープ
  3. 3 京都機械工具株式会社

タガネのメーカー8社一覧


関連記事

カテゴリから探す