白光株式会社
株式会社千石電商
マルツエレック株式会社
ホーザン株式会社
アールエスコンポーネンツ株式会社

【2021年版】こて台 メーカー9社一覧

こて台のメーカー9社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


こて台とは

こて台は、はんだごてを置く台のことです。こて台の形状は主に、M字に曲げてある針金に立てかける形状と、らせん状に巻かれた針金の中にはんだごてを先端から差し込む形状があります。どちらでも機能は大きく変わらないので置きやすくて使い勝手の良い方を選びます。最近では以前より使いやすく安定感の良いこて台が販売されています。

クリーナーとこて台がセットになっている製品は、はんだごてを使用した後に清掃できるので使いやすいです。

こて台の使用用途

こて台は、はんだごてを置く用途で使用します。

学校の技術の授業や、電子工作等ではんだごてを使用する際には、こて台を用意しておきます。こて台がないと、はんだが終了した後やはんだごてを手から離す時に置きづらく、他の所に当ってしやけどしてしまったり、転がってしまう可能性があります。使用中のはんだごての温度は270°程度と大変高温なので注意が必要です。

こて台を使用していても電源コードがつながっていますので、引っ掛けてひっくり返さないようにします。

こて台の原理

こて台の種類には、こてを立てかける汎用タイプと、差し込むペンシルタイプ、ガンタイプがあります。

汎用タイプは、スチールがM字型になっていて、中央にはんだごてを置きます。簡単に折りたためるので携帯して持ち運ぶことができます。安定感はあまりよくありません。こて先がむき出しなので引っかからないように注意が必要です。

ペンシルタイプは放熱性の高い、コイル状のホルダーになっています。コイル状の先端にこて先の先端を入れるので、差し込みやすいです。ガンタイプも同様に先端が保護されているので安心感があります。

はんだごてはニクロム線ヒーターが主に使われていますが、セラミックヒーターの場合は専用のこて台があります。

また、こて先についたごみやはんだ汚れを拭くスポンジやたわしがセットになっているこて台は大変便利です。

こて台のホルダー部分は鉄、鋳鉄、スチールが主です。台座部分が鋳鉄で出来ている製品は重量があるので安定しています。

こて台を使用していても、作業場所が安定していなければひっくり返るので、平らな場所に置いて使用します。

参考文献

http://startelc.com/elcLink/craft/sldrIron1_2.html#:~:text=%E5%8D%98%E3%81%AB%E3%80%81%E3%81%AF%E3%82%93%E3%81%A0%E3%81%94%E3%81%A6%E3%82%92,%E3%81%A6%E5%80%92%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%8C%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

https://www.hakko.com/japan/products/hakko_kote_board.html#pencil

http://www.goot.jp/handakanrencat/stand/

こて台のメーカー情報

こて台のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社ヨドバシカメラ
  2. 2 トラスコ中山株式会社
  3. 3 白光株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 アールエスコンポーネンツ株式会社
  2. 2 株式会社千石電商
  3. 3 株式会社ヨドバシカメラ

歴史のある会社

  1. 1 ホーザン株式会社
  2. 2 マルツエレック株式会社
  3. 3 白光株式会社

こて台のメーカー9社一覧


関連記事

カテゴリから探す