旭産業株式会社

【2021年版】タイヤゲージ メーカー6社一覧

タイヤゲージのメーカー6社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


タイヤゲージとは

タイヤゲージ(エアゲージ)はタイヤの空気圧を計測する器具です。自動車のタイヤ空気圧を管理することは非常に重要で、日常あまりタイヤの空気圧を意識しないドライバーも多いですが、タイヤ空気圧は日頃頻繁に確認及び調整したい項目の1つです。

タイヤゲージのタイプを大まかに分類すると、測定値をダイヤルで表示するもの、棒状で表示するもの及びデジタル式が存在します。これにくわえ、各タイプ毎に空気圧の測定精度によって価格が上下します。

タイヤゲージの使用用途

タイヤゲージの使用用途は、既に記載したようにタイアの空気圧の測定になります。タイヤゲージでタイヤの空気圧を測定し、空気圧が十分でなかった場合には空気を充填する必要があります。4輪車のタイヤに空気を充填するにはコンプレッサが必要になりますが、家庭で準備するには大変なので実際にはガソリンスタンド等で空気を入れる事になるでしょう。

タイヤの空気圧は一般にタイヤが冷えているときの空気圧を基準とします。日本では夏と冬の気温差がかなりあるため、夏に十分な空気圧があったとしても冬になると空気圧が十分でなくなる場合が多く、冬前に一度はタイヤゲージを使用しての空気圧測定が推奨されます。

タイヤゲージの原理

タイヤゲージの空気圧測定方法は主にピストンを用いた方法です。タイヤのバルブにタイヤゲージを繋げると、タイヤゲージ内に組み込まれたバネに固定されたピストンが空気圧によって押されれて移動し、移動した位置を空気圧に変換しその数値を表示します。

棒状表示形式のタイヤゲージ本体にも上で示したピストンの構造が組み込まれており、ピストンの位置をそのまま表示し、目盛りを読み取ることで空気圧を測定します。また、ピストン式のダイヤル式はピストンの位置を回転式のメータ位置に変換することによって空気圧を測定します。どちらの表示方式にもストッパーが内臓されたおり、測定した空気圧の最高値を保持するような仕組みになっています。

また、ダイヤル式の空気圧測定方式にはブルドン管式があります。ブルドン管式は、タイヤゲージ内部に楕円の形をした金属のパイプが入っており、空気圧により金属のパイプが変形することによって空気圧を測定します。一般にピストン式よりもブルドン管式の方が測定精度が高いです。

参考文献
https://www.goo-net.com/pit/magazine/110286.html

タイヤゲージのメーカー情報

タイヤゲージのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 旭産業株式会社
  2. 2 藤原産業株式会社
  3. 3 京都機械工具株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社タジマモーターコーポレーション
  2. 2 大橋産業株式会社
  3. 3 リンエイ株式会社

歴史のある会社

  1. 1 藤原産業株式会社
  2. 2 旭産業株式会社
  3. 3 京都機械工具株式会社

タイヤゲージのメーカー6社一覧


関連記事

カテゴリから探す