ホーザン株式会社

【2021年版】プラスチックニッパー メーカー6社一覧

プラスチックニッパーのメーカー6社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


プラスチックニッパーとは

プラスチックニッパーは、樹脂などの比較的柔らかい素材を切断するために使用される工具です。

刃が鋭利なため破損する可能性があり、硬い金属などの切断には向きません。

細かな切断作業にも適しており、プラスチックのゲート切断やバリ取りにも使用することができます。

先端が鋭利であるため、力を加えたときの圧力が大きく、ハサミなどと比べても切断能力が高いという特徴があります。

切断後もバリなどが出にくく、きれいな断面を得ることができます。

プラスチックニッパーの使用用途

プラスチックニッパーが使用される代表例は、その名にも含まれるプラスチック製品です。

結束バンドなどであってもそれほど力を要せず、簡単に切断することができます。

狭い箇所でも簡単に届き、作業性も高いことから、細かな作業の多いプラモデル製作において良く利用されています。(プラモデル用のニッパーも販売されています)

より作業効率を上げるために、戻しばね付きのプラスチックニッパーもよく使用されます。

ばねにより刃が元の位置に戻るため、連続的に作業することができます。

プラスチックニッパーの原理

ニッパーとは、鋭い刃によって、銅線や電線、樹脂などを切断する工具です。

刃の先端が薄いほど、それだけ加わる圧力も大きいため、目的や用途に応じてニッパーの種類は異なります。

さらにニッパー自体のサイズが大きいほど、力も大きくなるため、太い材料や硬い材料には大きなニッパーが適しています。

ここでご紹介したプラスチックニッパーは、これらと異なり、プラスチックのような柔らかい材質に特化したニッパーです。

通常、プラスチックを成形する際には、ゲートと呼ばれる、金型に溶融プラスチックを流れこむ通路部分があります。

このようなゲートは金型の形状部分と切断する際は、たとえ狭い領域でも先端を差し込むことができるため、プラスチックニッパーは使用されます。

プラモデルの例で言えば、パーツをつないでいる枠(ランナーと呼びます)からパーツを取り外してみます。

このとき、パーツの接続部分にはゲートの一部が残ってしまうため、プラスチックニッパーによりきれいに取り除くことができます。

参考文献
https://www.3peaks.co.jp/product/plastic/index.html
https://e-ny.net/53567
https://www.monotaro.com/s/pages/cocomite/362/

プラスチックニッパーのメーカー情報

プラスチックニッパーのメーカー6社一覧


プラスチックニッパーのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 室本鉄工株式会社
  2. 2 ホーザン株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 ゴッドハンド株式会社
  2. 2 株式会社ツノダ
  3. 3 ホーザン株式会社

歴史のある会社

  1. 1 室本鉄工株式会社
  2. 2 株式会社スリーピークス技研
  3. 3 ビクター株式会社

関連記事

カテゴリから探す