【2021年版】遮光メガネ メーカー8社一覧

遮光メガネのメーカー8社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


遮光メガネとは

遮光メガネとは500nm以下である短波長帯の光を遮光し、それ以外の光を透過させるように設計された医療用メガネの一種です。波長が500nm以下の光はまぶしさを感じる要因でもあるため、カラーフィルターレンズを用いて効果的にカットすることで、快適な生活が送れます。まぶしさを軽減するメガネとしてサングラスもありますが、サングラスはファッション性を重視しており、暗所では暗く見えてしまうなど遮光機能が不十分です。適切なコントラストを調節してくれる遮光メガネとは別物です。

遮光メガネの使用用途

遮光メガネはまぶしさを軽減する医療用メガネとして利用されています。特に、白内障や緑内障、網膜色素変性症、加齢黄斑変性を罹患している患者の快適な生活のサポートを目的に使用されます。この他、まぶしさや見えにくさを感じやすい方や有害な光が生じる現場の作業員も使用可能です。レンズの色も豊富にあるため実際の使用感を確認した上で最適なカラーレンズを選択する必要があります。また色によっては日中もしくは夜中の運転に適さない場合もあります。

遮光メガネの原理

ここでは遮光メガネが500nm以下の波長をカットする原理を説明します。波長が500nm以下の光は青白い光や紫外線を含むため、エネルギーが高く散乱しやすい特性を持ちます。非常に散乱しやすいことからまぶしさやぎらつきを与えて対象物の輪郭がぼやけて不鮮明に見えてしまいます。この現象がコントラストの低下です。こうした現象を抑制する機能を持つものが遮光レンズで、500nm以下の青白い光のみをカットしコントラストを強調しています。

遮光メガネは500nm以下の波長をカットしますが、400nm以下の波長をカットするレンズもありそれぞれ特徴が異なります。

  • 500nm以下の波長をカットする遮光メガネ(CCP)

一般的な遮光メガネで500nm以下の波長帯をカットします。値段が手ごろなこともありサングラス感覚でも使用できるメリットがあります。

  • 400nm以下の波長をカットする遮光メガネ(CCP400)

400~500nm帯の波長を適度に透過させ、より違和感ない視界を確保できます。400nm位以下の光は完全にカットするため、まぶしさの軽減やコントラスト性の向上はそのまま維持しています。カラーバリエーションが豊富でより快適な生活を送りたい方に最適です。

参考文献
https://www.takata-optical.co.jp/glassesbyfunction/shadingglasses/
https://yukie.biz/syakou.html
https://www.eyelifemegane.jp/v2/about.php

遮光メガネのメーカー情報

遮光メガネのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 東海光学株式会社
  2. 2 マイト工業株式会社
  3. 3 理研化学株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社グラスファクトリー
  2. 2 マイト工業株式会社
  3. 3 理研化学株式会社

歴史のある会社

  1. 1 株式会社高田眼鏡店
  2. 2 東海光学株式会社
  3. 3 株式会社ハープ

遮光メガネのメーカー8社一覧


関連記事

カテゴリから探す