【2021年版】プロテクターケース メーカー3社一覧

プロテクターケースのメーカー3社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


プロテクターケースとは

プロテクターケースは、精密機器や道具を保管、持ち運びする際に使用できるケースです。耐久性・密閉性ともに優れています。樹脂製の製品がほとんどです。プロテクターツールケースとも呼ばれます。ケースの上部・下部それぞれにクッションが付いており、蓋をロックすることができます。ハンドルが付いており、そのまま持ち運べます。防水・防滴加工や、気圧調整、耐衝撃機能など製品によってスペックが異なりますので、用途に応じて選ぶ必要があります。

プロテクターケースの使用用途

プロテクターケースは、精密機器や大切な道具を取り扱う、あらゆる場面で使用されています。ポータブルの分析機器・測定器から、カメラ・電子機器・スポーツ用具まで、様々なもの保管や持ち運びに使用できます。そのまま航空機輸送ができる規格の製品も販売されています。耐久性・防塵性・耐水性に優れています。爆破の衝撃にも強いとされています。また、耐熱性があるため、砂漠や極寒地でのフィールドワークなどでも使用できます。

プロテクターケースの原理

プロテクターケースに取り入れている主要な機能について説明します。これらの機能を全てのプロテクターケースが有しているわけではありません。

  • 防水・防塵
    防水、防滴、防滴加工がされている製品が多いです。それぞれの性能は国際電気標準会議(IEC)の規格に基づいています。性能によって保護内容は大きく異なるので、使用するシーンにあったものを選ぶ必要があります。
  • 気圧開放バルブ
    まれに、気圧の変化によりケースの蓋が開かなくなる場合があります。気圧開放バルブによりプロテクターケース内の気圧を調整することで簡単に蓋を開けることができます。
  • その他
    ハンドルやキャスターを取り付けて、用途に応じて使い勝手よくカスタマイズすることもできます。バックパックのようにプロテクターケースを背負えるようにする部品も販売されています。鍵を取り付けることができるものもあります。ケース内のクッションにはウレタンフォームが使われています。ウレタンフォームも別売りで販売されているので、収納したいものの形に合わせてウレタンフォームをくり抜いて使うことができます。

参考文献
https://www.askul.co.jp/p/N842441/
https://www.pelicanproducts.co.jp/protector.html
https://www.hke.jp/products/mt1/IP65.htm
https://webdesk.jsa.or.jp/common/W10K0500/index/dev/glossary_9/
https://www.monotaro.com/k/store/プロテクターツールケース/

プロテクターケースのメーカー情報

プロテクターケースのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社タカチ電機工業
  2. 2 株式会社エミック

設立年の新しい会社

  1. 1 Pelican Products株式会社
  2. 2 株式会社エミック
  3. 3 株式会社タカチ電機工業

歴史のある会社

  1. 1 株式会社タカチ電機工業
  2. 2 株式会社エミック
  3. 3 Pelican Products株式会社

プロテクターケースのメーカー3社一覧


関連記事

カテゴリから探す