株式会社ブリヂストン
日本バイナリー株式会社
?津伝動精機株式会社

【2021年版】エアグリッパー メーカー7社一覧

エアグリッパーのメーカー7社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


エアグリッパーとは

エアグリッパーとは空気の力を用いて物体を持ち上げたり移動したりする装置のことです。ドーナツ状のゴムに空気を注入させることで、外側から物体を包み込みます。空気の力でゆっくりと柔らかくホールドし広い面で接触するため、物体を傷つける心配がありません。壊れやすい物や柔らかい物にも使用できます。また、空気の注入でゴムが広がるので、物体によって接触するグリッパーの面が自由に変化します。一つのエアグリッパーで複数の物体に対応できます。

エアグリッパーの使用用途

エアグリッパーは物体を持ち上げたり移動させたりするために使用されます。例えば、ペットボトルやアルミ缶、ガラス瓶などの持ち上げです。ペットボトルは柔らかく、安定した強い力が加わらなければ持ち上げられません。しかし、ガラス瓶は強すぎる力がかかると割れてしまうでしょう。そこでエアグリッパーを用いて空気の力で持ち上げられるのです。柔らかかく広い面での接触は物体を傷つける心配がありません。また、容器の形状が変化しても自由度の高いゴムならば適した形状に変化して接触することができるのです。

エアグリッパーの原理

エアグリッパーは空気の力で物体を持ち上げたり移動させたりすることができます。ここではその原理や構造、特徴についてご紹介します。

エアグリッパーの構造は単純で、空気の吸排気口が付いたボディとゴムチューブでできています。ドーナツ状の形状をしており、空気が注入されることで内側のゴムが広がります。物体を囲う様に設置してゴムを膨らませることで、物体は空気の圧力によって外側から押さえつけられます。このゴムの接触によって十分ホールドされるため、エアグリッパー自体を移動させることで物体を持ち上げることができるのです。

空気によってゴムを膨らませてホールドすることでいくつかのメリットがあります。一つ目は物体を傷つけない点です。柔らかく広い面で接触することができるので、壊れやすい物にも使用することができます。二つ目は複数の形状に対応できることです。内側のゴムは囲う物体の形状に合わせて接触できるので、一つのエアグリッパーで複数の形状の物体に対応できます。三つ目は構造が単純であることです。空気でゴムを膨らませるという単純な構造をしているので、軽量で装置全体をコンパクトにすることができます。

参考文献
https://www.takatsu.co.jp/business/products/24#:~:text=%E3%82%A8%E3%82%A2%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%91%E3%83%BC%EF%BC%88%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%92%E5%A4%96%E5%81%B4,%E3%81%AA%E3%81%8F%E3%81%97%E3%81%A3%E3%81%8B%E3%82%8A%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82
https://www.bridgestone.co.jp/products/dp/pneumatic_holders/air_gripper.html
https://jp.misumi-ec.com/pdf/mold/10_mo0089.pdf

エアグリッパーのメーカー情報

エアグリッパーのメーカー7社一覧


エアグリッパーのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社ブリヂストン
  2. 2 株式会社日伝
  3. 3 ?津伝動精機株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 オリムベクスタ株式会社
  2. 2 日本バイナリー株式会社
  3. 3 株式会社特電

歴史のある会社

  1. 1 株式会社ブリヂストン
  2. 2 株式会社日伝
  3. 3 影山工業株式会社

関連記事

カテゴリから探す