株式会社ユー・アール・ディー
株式会社エムラボ
株式会社エス・エッチ・ティ
株式会社アコン
日置電機株式会社
マルチ計測器株式会社
オムロン株式会社
TDK株式会社

【2021年版】カレントセンサー メーカー12社一覧

カレントセンサーのメーカー12社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


カレントセンサーとは

カレントセンサーとは、回路に流れる電流を測定する装置です。

カレントセンサーは、回路上のあるポイントにおいてそこに流れる電流を測定します。
従って、回路の一部として組み込み、電流測定回路を経由して回路に電流が流れるような構成とする必要があるため、電流測定回路により本来の回路を遮断することになりますので、回路の特性を変えないような測定回路としての配慮が必要となります。

この様な事情から、被測定箇所を外からクランプするだけで電流が計測できるタイプも用意されています。クランプとは、電線などに直接触れることなくその周りを挟むようにすることです。

カレントセンサーの使用用途

カレントセンサーは、回路や機器内部の特定のポイントにおける電流値を測定したい場合に使用されます。

回路上に直接組み込むタイプのカレントセンサーは、電流値を測定するために抵抗値を有する部品を配置し、そこに発生した電圧値から流れる電流を測定する方法を取るため、どうしても発熱が発生します。従って、比較的発熱が発生しても問題ないような場合に使われます。

他方で、電線などの被測定箇所に直接触れずにクランプを用いて測定する方法は、前述の方法と比べて大きな電流の測定が可能です。 

カレントセンサーの原理

回路へ直接接続するカレントセンサーの場合は、測定したい回路上のポイントにシャント抵抗と言われる部品を置きます。そして、シャント抵抗の両端に発生した電圧降下から、オームの法則で電圧降下と自身の抵抗値からそこに流れている電流値を算出します。

クランプタイプのカレントセンサーは、直接回路に接続しているわけではないため、回路に流れる電流を実測することはできません。

そこで、回路の電線に流れている電流から発生する誘導磁界を測定し、これを電流値に変換することで回路上の特定のポイントにおいて流れる電流を測定します。

この方法では、直接回路上に部品を配置する訳ではないため回路上で発熱が発生することはないため電力損失もありません。

しかし、クランプとして使用するコアはサイズが大きり実装面積的に回路組み込み型に比べると不利になります。

以上の通り、カレントセンサーは、装置内や回路に流れる電流を測定する目的で使われるものです。

システム制御コントローラにて、常時、カレントセンサーによる電流値の定点観測を行い、例えば、通常時に比べて、過大な電流が流れた場合に装置の保護のために緊急停止させたり、期待する電流が流れなくなってしまった場合などに素早い対応が可能となります。

参考文献
https://www.akm.com/jp/ja/solutions/current-sensing/types-characteristics/
https://www.rohm.co.jp/electronics-basics/sensors/sensor_what6

カレントセンサーのメーカー情報

カレントセンサーのメーカー12社一覧


カレントセンサーのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 パナソニック株式会社
  2. 2 TDK株式会社
  3. 3 オムロン株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社アコン
  2. 2 コーンズテクノロジー株式会社
  3. 3 株式会社エス・エッチ・ティ

歴史のある会社

  1. 1 オムロン株式会社
  2. 2 日置電機株式会社
  3. 3 パナソニック株式会社

関連記事

カテゴリから探す