【2021年版】ボールベア メーカー4社一覧

ボールベアのメーカー4社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ボールベアとは

ボールベアリングは、外輪と内輪間の分離を維持するためにボールを使用する転動要素ベアリングの一種です。

ボールベアリングの目的は、回転摩擦を減らし、ラジアル荷重とアキシャル荷重をサポートすることです。

これは、少なくとも2つの輪を使用してボールを輪間に格納し、ボールを介して負荷を伝達することによって達成されます。

ほとんどの応用例では、いずれかの輪は静止しており、他方の輪は回転アセンブリ(例えば、ハブまたはシャフト)に取り付けられています。

外輪、内輪の一方が回転すると、ボールも同様に回転します。

ボールは外輪と内輪それぞれに点で接触し内部で転がるため、2つの平らな表面が互いに滑る場合よりも低い摩擦係数を実現できます。

ボールベアの使用用途

一般的に、ボールベアリングは可動部品を含む様々な製品や用途に使用されています。

ハードドライブからスケートボードまで、ボールベアリングはスラスト荷重とラジアル荷重の両方を扱うように設計されています。

これらの用途の中には、それぞれ異なる特徴や要求があります。

日常的なもの以外では、ボールベアリングは、より高度な技術が要求される用途に使用されています。

例えば、ハッブル望遠鏡、火星のローバーおよび天候の衛星はすべてボールベアリングを使用しています。

原始的な技術への使用歴が長いのと、新しい技術での用途でも継続的に使用されているため、潤滑技術の改善により、ボールベアリングの寿命は延びてきました。

これにより、メンテナンスや交換の必要性を減らすことができました。

ボールベアリングの中には密封されているものもあり、潤滑剤を必要としないものもあります。

潤滑剤を必要とするボールベアリングは、一般的にグリースを使用します。

ボールベアリングは、あらゆる形状、サイズ、複雑さを持つ様々な用途で使用されており、様々な産業や製品のための費用対効果の高い技術であり続けています。

ボールベアの原理

ボールベアリングは、外側の輪からボールに荷重を伝え、内側の輪に荷重を伝える働きをします。

球形のボールが内輪と外輪に接触するのは、球という特性上、接点はごくわずかな点で、摩擦係数が低いことでスムーズに回転するようになっています。

しかし、ベアリングの使い方を誤る(軸がずれた状態で使用する等)と逆に摩擦が発生してしまい、効率を下げることがあります。

ボールは荷重を受ける接触面積が小さいため、過負荷になると、ボールが変形しベアリングを破壊してしまうことがあります。

ボールベアリングは、機能的に従来の軸受けの手法と比べ十分に機能することが証明されており、また、製造が容易なので、多くの製品に応用されています。

日常生活の一部にあるボールベアリングは、ミキサーや運動器具などに使用されており、自転車、DVDプレーヤー、ウォーターポンプ、洗濯機、ファンなどは、ボールベアリングを使用している多くの製品の一部にしかすぎません。

 

ボールベアのメーカー情報

ボールベアのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 吉岡幸株式会社
  2. 2 株式会社井口機工製作所

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社フリーベアコーポレーション
  2. 2 株式会社井口機工製作所
  3. 3 大進工機株式会社

歴史のある会社

  1. 1 吉岡幸株式会社
  2. 2 大進工機株式会社
  3. 3 株式会社井口機工製作所

ボールベアのメーカー4社一覧


関連記事

カテゴリから探す