株式会社オリナス
株式会社オプトサイエンス
セブンシックス株式会社
エルスター電機株式会社

【2021年版】光電素子 メーカー5社一覧

光電素子のメーカー5社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


光電素子とは

光電素子は、光電効果を利用して光を電気信号に変換することができる素子の総称です。光センサ、光検出器などの別名が使われることもあります。

光電効果については、その現象の違いから、外部光電効果と内部光電効果の2種類に分類することができます。前者の原理を応用した素子として、光電管や光電子増倍管があります。一方後者の原理を応用した素子として、フォトダイオードフォトトランジスタがあります。

光電素子は、家電製品や光学機器、電子機器などに組み込まれています。

光電素子の使用用途

光電素子を使用すると、光信号を電気信号に変換することができます。光電素子の例としては、光電子増倍管、フォトダイオードなどがあります。

光電子増倍管やフォトダイオードは分光光度計や発光分光分析装置など、光分析装置の検出器に用いられています。また、がん検診などに用いられるPET、CTなどの医療用の装置にも使用されています。その他には、CDプレーヤー、DVDプレーヤー、スマートフォンなどの電子機器類に使用されています。

光電素子の原理

光電素子とは、光電効果を利用して光を電気信号に変換する素子の総称です。光検出器、光センサとも呼ばれます。身近な例では、デジタルカメラなどの家電製品、スマートフォンなどに利用されています。

光電効果には、現象の違いから、外部光電効果と内部光電効果の2つに分類することができます。外部光電効果は、真空中で金属などの表面に光を照射すると、固体表面から電子が飛び出す現象です。この原理を応用したものが光電管や光電子増倍管です。特に光電子増倍管は、非常に弱い光でも検知することができるので、光を検出する分光光度計や光学装置には必要不可欠です。

内部光電効果は、半導体に光を照射すると、光子のエネルギーにより価電子帯にある電子が伝導帯へと励起され、電流が流れる現象です。これを利用したものとして、フォトダイオードやフォトトランジスタがあります。特にフォトダイオードは、ノイズが小さく光検出感度も高いので、光量計測や光通信に欠かせない材料です。

参考文献
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjspe1933/31/371/31_371_1039/_pdf
https://www.jstage.jst.go.jp/article/sicejl1954/7/1/7_1_35/_pdf
http://www.nhao.jp/~tsumu/lecture/Welcome_files/%E7%AC%AC%EF%BC%99%E7%AB%A0.pdf
https://jsdkk.com/home/glossary/glossary-photodetector/

光電素子のメーカー情報

光電素子のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 エルスター電機株式会社
  2. 2 株式会社オプトサイエンス
  3. 3 セブンシックス株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 セブンシックス株式会社
  2. 2 directindustry
  3. 3 株式会社オプトサイエンス

歴史のある会社

  1. 1 株式会社オリナス
  2. 2 エルスター電機株式会社
  3. 3 株式会社オプトサイエンス

光電素子のメーカー5社一覧


関連記事

カテゴリから探す