英和株式会社
横河電機株式会社
株式会社日立ハイテク
東京計装株式会社
東京流機工業株式会社
愛知時計電機株式会社
富士電機株式会社
アズビル株式会社

【2021年版】電磁流量計 メーカー16社一覧

電磁流量計のメーカー16社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


電磁流量計とは

電磁流量計は、流体が流れる量を測定する流量計の一種で、「磁界の中で導体が動くと、その速度に比例した電圧が発生する」というファラデー電磁誘導の法則を利用しています。

電磁誘導の法則を利用しているため、電磁流量計の測定対象は導電性の液体に限られます。油などの絶縁性の液体や気体の測定はできません。

導電性液体であれば、液体の温度、圧力、密度、粘度、導電率の影響を受けずに測定ができます。また、液体中に泥や微粒子などが浮遊しているスラリーや腐食性化学薬品などの流量測定も可能です。

電磁流量計の使用用途

電磁流量計は、液体と接する管表面や電極の材質を適切に選択することで、固体を含む液体や、粘度の高い液体、腐食性の強い液体にも適用することができます。

そのため、土木・建設業界では砂水混合物、充填剤、セメントミルク、モルタルなど、化学分野では硫酸、塩酸、苛性ソーダなど、製紙産業ではパルプ液や漂白剤など、食品産業では果汁、ワイン、牛乳、ソースなど、医療産業では薬品、血漿など、非常に多岐に渡る分野での流量測定に使用されています。

電磁流量計の原理

電磁流量計は、測定する液体を通す測定管と、測定管内に磁場を発生させる励磁コイル、電磁誘導で発生した電圧を測定する回路などで構成されます。

測定管に対して垂直の方向に磁場を発生させると、測定管を流れる導電性液体が磁界を垂直に横切ることになり、ファラデーの法則に従って、測定管と磁界の両方に垂直な方向に電圧が発生します。

発生する電圧は、測定管の内径と磁界の磁束密度と液体の平均速度に比例するので、電圧を測定することで液体の平均速度を求め、体積流量を求めることができます。

このような原理であるため、電磁流量計による流量測定では、液体の密度、温度、圧力、粘度、誘電率は、出力電圧に全く関与しません。そのため、一度キャリブレーションを実施した電磁流量計は、その後、キャリブレーションに使用した液体以外の測定を行うときも、改めて補正をする必要がありません。

また、測定管内に突起物がなく液体の流れが阻害されないので、信頼性の高い測定ができます。可動部がないので、故障が少なく、メンテナンスも容易です。

参考文献
http://ch.ce.nihon-u.ac.jp/kako/PC_HTML/Lect/pt5/5_8_cmt.html
https://www.toshiba-tips.co.jp/products/solution/instrument/instrument_1.html
https://www.analog.com/jp/analog-dialogue/articles/electromagnetic-flow-meters.html

電磁流量計のメーカー情報

電磁流量計のメーカー16社一覧


電磁流量計のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 富士電機株式会社
  2. 2 横河電機株式会社
  3. 3 株式会社日立ハイテク

設立年の新しい会社

  1. 1 ハイテック株式会社
  2. 2 株式会社クローネ
  3. 3 株式会社キーエンス

歴史のある会社

  1. 1 愛知時計電機株式会社
  2. 2 アズビル株式会社
  3. 3 横河電機株式会社

関連記事

カテゴリから探す