アネスト岩田株式会社

【2021年版】塗料攪拌機 メーカー5社一覧

塗料攪拌機のメーカー5社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


塗料撹拌機とは

 塗料撹拌機は、沈降分離しやすい塗料を効率的に分酸する撹拌機です。塗料が容器内に沈降分離していた際、特に塗料内に特殊なビーズや仕上剤が含まれていると、別の容器に移して撹拌を行うと組成が代わり、仕上がりの差が生まれてしまいます。同一容器内での撹拌であっても一斗缶のような角があるような容器だと通常撹拌だと撹拌ムラが発生し仕上がりの差を生んでしまいます。液体が外に飛び散って乾いた被膜が塗料内に戻ると「ぶつ・ごみ」と呼ばれる塗料欠損を生んでしまうので、液滴の飛び散りが少ない撹拌翼構造となっています。

塗料撹拌機の使用用途

 塗料撹拌機は多くの場合塗膜作成の作業前に行われます。塗膜に「あわ」と呼ばれる塗料中の発泡が原因の欠損が出ることを嫌う場合は時間を待つこともあります。多くの塗膜撹拌機撹拌翼にリングがついていて容器の壁に沿わせても撹拌翼が容器に触らない設計になっておりミキサーで撹拌しながら手動で塗膜撹拌機で撹拌することで効率的な撹拌ができるようになっています。撹拌により温度が上がってしまうと塗料粘度が変化しその後の作業性に影響が出てしまうため、その後の使用法、硬化時間を念頭において撹拌する必要があります。

塗料撹拌機の原理

 塗料撹拌機は回転数、トルクが調整されなければならない事が多いため、エアモーター駆動式を動力としていることが主流となっています。エアモーター駆動式であるため有機溶剤を使用している塗料もスパークによる放電の危険を考えずに使用することができます。また塗料に色素のような粉を混ぜる作業でも火花の危険が無いために使用されます。エアモーター駆動式は、圧縮空気を利用した圧力モーターの一種で、圧縮空気がモーター内部のハウジングに供給され、両エンドカバーからベーンと呼ばれる円筒状の回転子で内部に突出する板のついた部品に給気がおきます。するとベーンの面積差により回転力が生じ、区切られた空間が発生します。そこに空気が入り回転運動が起きます。排気は空気中に放出されるため小型で、給気とともに空気冷却がおきるため過熱しにくく連続使用が可能である特徴があります。 また動力源に油を挿す必要がないため、動力源から垂れた油で塗料を汚し「ハジキ」という塗膜欠損を防ぐことができます。

参考文献
http://meiyu-co.jp/wp-content/uploads/2016/12/airmotorrev29.pdf
http://www.taiyo-ltd.co.jp/products/pneumatic/docs/catalog_air_33.pdf
http://www.chuorika.co.jp/oillessairmoter6.html

塗料攪拌機のメーカー情報

塗料攪拌機のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 アネスト岩田株式会社
  2. 2 大塚刷毛製造株式会社
  3. 3 淺田鉄工株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 アネスト岩田株式会社
  2. 2 佐竹化学機械工業株式会社
  3. 3 大塚刷毛製造株式会社

歴史のある会社

  1. 1 淺田鉄工株式会社
  2. 2 大塚刷毛製造株式会社
  3. 3 佐竹化学機械工業株式会社

塗料攪拌機のメーカー5社一覧


関連記事

カテゴリから探す