【2021年版】ピンゲージ メーカー8社一覧

ピンゲージのメーカー8社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ピンゲージとは

ピンゲージとは、製品の穴径測定の合否判断を目的とした測定ゲージである。

測長機での穴径測定では、測定者の熟練度によりばらつきが発生します。
ピンゲージを使用することで測定者の熟練度に関係なく安定して測定を行う
ことができ、ばらつきを抑えるメリットがあります。

ピンゲージには、「通る」「止まり」の2種類があります。
「通る」は、マイナス目でゲージが製作されています。
「止まり」は、プラス目でゲージが製作されています。

ピンゲージの使用用途

ピンゲージは、すばやく製品の穴径の合否判断ができる測定ゲージです。

製品は、顧客の要求通りに製作しなければなりません。

そのときに、顧客の要求となるのは図面です。
製品の穴径が、要求通りに加工されているかを図面と比較しながらピンゲージ
で製品の穴径を測定します。

ピンゲージの使用用途について説明します。

図面で、製品の穴径が「3.00±0.05」を求めれている場合に、製品の穴径の
許容範囲(許される範囲)は、「2.995㎜~3.05㎜」となります。

ピンゲージを製品穴に挿入し、3.01㎜が挿入でき、3.02㎜が入らない。
3.01㎜のピンゲージが、穴径の測定値となり要求を満たしていることで
合格となります。

このように、すばやく製品の穴径の合否判断が可能となります。

ピンゲージの原理

ピンゲージの特徴について説明します。

ピンゲージは、「通る」「止まり」の2種類があります。

顧客の要求が「3.00㎜±0.05」とします。
許容範囲は、「2.95㎜~3.05㎜」となります。

「通る」のピンゲージは、精密に測定することを目的としています。
ピンゲージは、マイナス目で製作されています。

3.00㎜のピンゲージの場合は、「2.998㎜~2.999㎜」で製作されていると
します。

製品の穴部にピンゲージを挿入することで製品の穴径を精密に測定するこ
とが可能です。

「止まる」のピンゲージは、合否判断を目的として使用されます。
ピンゲージは、プラス目で製作されています。

3.00㎜のピンゲージの場合は、「3.005㎜・3.025㎜・3.055㎜」で製作され
ているとします。

製品の穴部に「3.002㎜・3.025㎜」が入り、「3.055㎜」が止まる場合は
3.025㎜~3.05㎜」の範囲に測定値があることで合格と判断できます。

このように、ピンゲージはすばやく合否判断ができます。
また、測定者の技量によるばらつきを抑えることで精密に、すばやく合否
判断できるのがピンゲージの特徴と言えます。

参考文献
https://senbanmania.com/archives/426

ピンゲージのメーカー情報

ピンゲージのメーカー8社一覧


ピンゲージのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社バンザイ
  2. 2 株式会社メトロール
  3. 3 三和クリエーション株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 三和クリエーション株式会社
  2. 2 株式会社ファム
  3. 3 株式会社メトロール

歴史のある会社

  1. 1 株式会社バンザイ
  2. 2 有限会社ニシキ精機
  3. 3 株式会社測範社

関連記事

カテゴリから探す