株式会社松電舎
株式会社東陽テクニカ
株式会社杉藤
株式会社オプトサイエンス
スリーアールソリューション株式会社

【2021年版】ハンディスコープ メーカー6社一覧

ハンディスコープのメーカー6社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ハンディスコープとは

ハンディスコープとは、顕微鏡の一種で、観察したい対象物をパソコンやモニターなどの大きな画面に映して観察や解析をおこなうことができます。

手で持ち運びして作業することができる大きさをしているため、一般的なステージの上に観察対象物をのせる方法とは異なり、レンズを観察対象物に直接近づけて観察します。

観察対象物を顕微鏡で観察することができる大きさに切断してプレパラートなどを作成する必要がなく、事前準備などをしないで大きな対象物もそのまま観察することが出来ることや、一方向からの観察ではなく、様々な角度や方向から観察できる点で優れています。

ハンディスコープの使用用途

ここで、ハンディスコープの使用用途について説明します。

手が届かない場所や狭い場所、暗い場所にも使用できることに加えて、視認で微細に観察することができるため、工業用の内視鏡として、視察や精密検査などの用途で使用されています。

具体的には、例えば、機械の内部点検や、配管やダクトなどの内部の点検や、精密基盤などの検査に使用されています。

観察したい対象物にレンズを近づけるだけで容易に観察することができるため、この他にも使用用途の幅が広がっています。

ハンディスコープの原理

続いて、ハンディスコープの原理について説明します。

ハンディスコープは、光学レンズとカメラを組み合わせた構造をしています。
一般的な光学顕微鏡の倍率は、接眼レンズと対物レンズの倍率を掛け合わせて決めていますが、ハンディスコープの倍率は、対物レンズの倍率とデジタルカメラの倍率を掛け合わせて、そこにモニターの倍率がかかって決定されています。

対物レンズとカメラの倍率をかけた光学倍率にそれを投影するモニターなどのサイズに合わせて拡大縮小を行っています。

深度合成技術の進展により、ピントが合う箇所を即時的に判断して、連続してピントを移動させた画像を複数取得して1枚の画像を合成することができるため、被写界深度が深い画像を得ることが出来ます。

参考文献
https://www.asahikogakuki.com/blog/%E3%80%90%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%97%E3%81%A8%E3%81%AF%E3%80%91/
http://www.e-lets.co.jp/detail.php?n=7
https://www.coden.co.jp/wordpress/product/handyscope/

ハンディスコープのメーカー情報

ハンディスコープのメーカー6社一覧


ハンディスコープのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社東陽テクニカ
  2. 2 株式会社オプトサイエンス
  3. 3 株式会社杉藤

設立年の新しい会社

  1. 1 スリーアールソリューション株式会社
  2. 2 株式会社松電舎
  3. 3 株式会社オプトサイエンス

歴史のある会社

  1. 1 株式会社杉藤
  2. 2 株式会社東陽テクニカ
  3. 3 コデン株式会社

関連記事

カテゴリから探す