【2021年版】チューブ充填機 メーカー17社一覧

チューブ充填機のメーカー17社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


チューブ充填機とは

チューブ充填機とは、粘度のあるクリームなどをチューブ型の容器に充填するための装置です。
充填のみならず、チューブの洗浄や排出といった充填前後の工程を一貫して行える製品が多いです。
充填する内容物やチューブの材質はさまざまですが、共通した特徴もいくつかあります。

  • 充填作業の高速化に伴い各機構も高速で動作するため、安全ドアカバーが設けられています。
  • 機械操作自体はタッチパネル操作画面などで簡単に行える仕様が増えてきています。
  • 高精度の充填によって内容物のロスやチューブへの付着も軽減できます。
  • 内容物の品種切り替えが工具なしで短時間で行えるので、多品種生産においても生産性が向上します。

また、充填量の再現性は高いですが、品質検査のためシール後のウエイトチェックが可能なものもあります。

チューブ充填機の使用用途

チューブ充填機は化粧品、医薬品、製薬業界での導入事例が多いです。

  • 日焼け止めクリーム、ハンドクリーム
  • 浴用、整髪用ジェル
  • 医薬品用軟膏、クリーム
  • ペースト
  • ローション
  • オイル
  • ヘアカラー
  • マスカラ等化粧品
  • シャンプー
  • 練り歯磨き等

その他、食品業界においてもチューブ製品やペースト食品などの充填に使用されています。

チューブの材質はプラスチックチューブ、ラミネートチューブ、メタルチューブ(アルミニウムなど)があります。

チューブ充填機の原理

チューブ充填機では、以下のような流れで内容物の充填を行います。

  • チューブ供給
    カセット式の供給装置が搭載され、カメラチェック等による個数管理が可能です。
  • 洗浄
    エアー等によりチューブ洗浄を行います。
  • 位置合わせ
    チューブにカラーマークを合わせセンサーで読み取ることで位置合わせを行います。
    チューブ供給機構の形状にもよりますが、容器回転を行う機構をもつものもあります。
  • 充填
    シリンダーピストン式やバルブレスロータリーピストン式が多く、規定量をピストンで吸引して充填します。
    サーボモータでの追従制御が可能な自動式のほか、カム式制御を行うものや多品種・少ロット生産向けの手動式の充填機もあります。
    充填量を自動で調整する装置が搭載されている製品もあります。
    この工程での気泡購入を防ぐため、高速回転等によって気泡除去を行っています。
  • シール・刻印
    チューブのシーリングを行います。
    シーリングには、ホットエアー式、折り締め式、ヒートシール式、超音波式などがあります。
    キャッピングのトルク制御ができるようになっている製品も多いです。
    さらに、チューブ本体へのラベリングやロットNoの刻印もこの工程で施します。
  • カット
    カット部分にデザイン性をもたせた商品にも対応できるよう、Rカットのほか扇状や波型にカットできるものもあります。
  • 排出
    チューブの自動排出装置も付随しているものがあります。

参考文献
http://www.shibataeng.co.jp/products/tube_filling.html
https://jutenki-sanmi.com/feature/about/
https://www.matsubo.co.jp/product/file904-html/
https://www.mutual.co.jp/product/atpack_at60at80/
https://www.wist.co.jp/product/235/
http://www.jm-mfg.co.jp/product/mk5
http://www.discus.co.jp/machine_f.html

チューブ充填機のメーカー情報

チューブ充填機のメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 ガデリウス・インダストリー株式会社
  2. 2 アルテック株式会社
  3. 3 株式会社ウイスト

設立年の新しい会社

  1. 1 ガデリウス・インダストリー株式会社
  2. 2 株式会社ウイスト
  3. 3 株式会社トップ

歴史のある会社

  1. 1 マセマチック株式会社
  2. 2 株式会社中西製作所
  3. 3 株式会社マツボー

チューブ充填機のメーカー17社一覧


関連記事

カテゴリから探す