【2021年版】噴射ノズル メーカー12社一覧

噴射ノズルのメーカー12社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


噴射ノズルとは

噴射ノズルとは、微量の液体や気体などの流体を微細な霧状に噴射することができるノズルのことです。

燃料などを噴射する際には、すぐに気化させることで素早く着火することや、全体に分散させることなどが求められており、霧をより微細な粒子にするために噴射ノズルが用いられています。

ノズル部分の構造を変えることで、粒子の大きさや噴射量が変わるため、噴射効率を高くし、目詰まりなどによる不具合が少ないノズルにするなど、噴射ノズルの性能を変えることが出来ます。

例えば、液中で噴射させる構造をとることで、周囲の液を噴射時の負圧を利用してノズル内に取り込み、通常の3倍以上の液体を噴射することなども可能です。

噴射ノズルの使用用途

ここで、噴射ノズルの使用用途について説明します。

噴射ノズルは、液体を微細な粒子にして霧状に噴射することを目的として使用されており、この特徴を利用して、流体の攪拌などの用途でも使用されています。

液体用の噴射ノズルの例として、ディーゼルエンジンの自動車などがあり、燃焼室へ高圧の燃料を送る燃料噴射口の役割を持つインジェクターノズルとして用いられており、より効果的に燃料を霧状にするためにノズルの形状に様々な種類があります。
この他に、散水の用途としてスプリンクラーなどの装置に使用されたり、洗剤などの噴射を目的として、洗浄や清掃の機機などにも使用されています。

この他にも、加湿や、塗布・塗装、消火、加熱冷却などの温度調節などの用途で使用されています。

気体用噴射ノズルの場合は、高圧な気体によるエアー洗浄や、エアーシャワーやカーテンなどの使用用途があります。

噴射ノズルの原理

続いて、噴射ノズルの原理について説明します。

液体を噴射する用途の噴射ノズルは、一流体ノズルと二流体ノズルの2種類に大別することが出来ます。
一流体と二流体は、液体を微細にする方法そのものが異なっており、一流体は、液圧を利用してノズルに液体を押し出して噴出させる構造をしており、二流体は、流体の流れを利用して液体自体を粉砕し、粒子状にしたものをノズルから噴出させる構造をしています。

気体を噴射するノズルは、コンプレッサブロアなど、用途によってメカニズムが変わっています。

参考文献
https://www.tpc.toray/product/nozzle/noz_006.html#/
https://jp.misumi-ec.com/vona2/detail/221000829969/
https://www.es-waternet.co.jp/product/detail?id=146

 

噴射ノズルのメーカー情報

噴射ノズルのメーカー12社一覧


噴射ノズルのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社いけうち
  2. 2 株式会社大村製作所
  3. 3 東レ・プレシジョン株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 ニコ精密機器株式会社
  2. 2 大浩研熱株式会社
  3. 3 株式会社シンショー

歴史のある会社

  1. 1 株式会社大村製作所
  2. 2 株式会社テイ・エヌ・ケエ
  3. 3 株式会社いけうち

関連記事

カテゴリから探す