【2021年版】吸音パネル メーカー11社一覧

吸音パネルのメーカー11社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


吸音パネルとは

吸音パネル

吸音パネルとは、室内環境で起こる余計な音の反響を吸収することで、音が反響することによって発生するノイズや、音がぼやけてしまうことを防ぎ、クリアで快適な音響を設計することができるパネルです。

吸音パネルは、余計な反響を吸収することを目的としており、特定の反響以外の音を通過させるようにできているため、過度な反響音を減らすことで音漏れが収まる速度が結果的に早まるという効果はあるものの、音を遮って通過させない防音パネルなどとは違って遮音や防音の効果はありません。

音響をコントロールして空間を設計することで、音を扱うスタジオやシアターなどで活用することだけでなく、会議室や学習環境での集中力を高めたり、病院などの施設で患者のプライバシーを保護したりと、様々な副次効果を得ることが期待できます。

吸音パネルの使用用途

ここで、吸音パネルの使用用途について説明します。

吸音パネルは、室内の余計な反響音を減退させることで音響をコントロールし、快適な音環境を設計するという目的で使用されます。
そのため、どのような反響音を抑えたいかという目的に応じて、より高い効果が得られるように吸音パネルの枚数や設置する位置を決定します。
具体的に使用される例として、音響が重視されるスタジオやシアターなどの場所で音質と環境改善をしたり、オフィスの会議室などでは、必要以上の反響を吸収して聞き取りにくさやを改善し、会話がしやすい環境を作り出しています。

学習塾や教室などでは、聞き取りやすい空間にすることで、集中力が高まり、より学習効果の高い空間づくりを実現させることが出来ます。

また、病院などの特定の目的を持った施設でも、音響をコントロールすることで、プライバシーを保護し、快適な環境を設計することに役立っています。

吸音パネルの原理

続いて、吸音パネルの原理について説明します。

吸音パネルが音響を吸収できる仕組みは、パネル内に音が入り込むと、パネルの素材と音の間に摩擦が発生して、音の力を弱めることで音を吸収しており、パネルの吸音素材がフィルターとなって、余計な反響を取り除き、それ以外の音だけが通過していくようになっています。
そのため、パネルに用いる吸音素材や層の作り方などによって、吸収できる音や性能を変化させることが出来ます。

参考文献
https://www.daiken.jp/public/products/off_tone/
https://www.acoustic-advance.co.jp/sound/sound_absorptive_panel.html
https://www.sonorize.jp/kyuuon-panel

 

吸音パネルのメーカー情報

吸音パネルのメーカー11社一覧


吸音パネルのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社栗本鐵工所
  2. 2 野原ホールディングス株式会社
  3. 3 株式会社仙台銘板

設立年の新しい会社

  1. 1 野原ホールディングス株式会社
  2. 2 ソノーライズ株式会社
  3. 3 株式会社静科

歴史のある会社

  1. 1 株式会社栗本鐵工所
  2. 2 東京ブラインド工業株式会社
  3. 3 株式会社ブルアンドベア

関連記事

カテゴリから探す