株式会社小野測器
サンテスト株式会社
アールエスコンポーネンツ株式会社

【2021年版】リニアゲージ メーカー7社一覧

リニアゲージのメーカー7社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


リニアゲージとは

リニアゲージは、測定対象の変位量を測定するための装置になります。軸の回転数の測定や、一定方向に駆動する装置の変位量を光学的に測定します。測定対象に取り付ける移動型のスリットと、2つの固定スリット、スリットの波形をパルス波としてカウントする機械で構成されています。測定対象の移動力をパルス波として認識し、その波数だけ測定対象がどの程度移動したかを測定することができます。測定精度は、スリットの間隔に依存します。

リニアゲージの使用用途

リニアゲージは、主に工作機械の制御のためのセンサとして使用されます。そのため、使用されている業界としては、自動車から家電、機械部品、物流、実験などになります。リニアゲージの選定の際には、選定の精度、使用環境に適しているか、取り付けが可能かを考慮する必要があります。

リニアゲージの使用例を以下に示します。

  • 旋盤装置、フライス盤などにおける軸の回転数の測定
  • 旋盤やボール盤、フライス盤などにおける刃物やドリルの移動量の測定
  • 物流の工場における荷物の移動量の測定

リニアゲージの原理

リニアゲージの動作原理を説明します。リニアゲージは、スリットなどを用いて光の波形の変化量を検出するための検出部と、光の波形からパルス波に変形して、その数をカウントするカウント部に分かれています。検出部では、光源、位相が1/4ピッチずれている2つの固定スリット、測定対象に取り付ける移動型のスリットで構成されています。カウント部では、受光素子とカウンタで構成されています。

動作時は、測定対象が移動した際、光源から発せられた光が2つの固定スリットを通過し、移動スリットに到達します。その移動スリットを通過した光が受光素子に到達し、その波形を測定します。その際、固定スリットから出た光がどの程度ずれているかを測定することによって、移動スリットがどの程度移動したかを測定し、その移動量から測定対象の変位量を算出します。2つのピッチがずれている固定スリットによって、波形が変化しており、その波形の変化量に応じて、移動の向きを判別します。

参考文献
https://www.onosokki.co.jp/HP-WK/whats_new/catalogs/selection/old/lineargage_16.pdf
https://www.onosokki.co.jp/HP-WK/products/category/gage2.htm
https://www.mitutoyo.co.jp/products/sokuchouunit/menu/genri.pdf

リニアゲージのメーカー情報

リニアゲージのメーカー7社一覧


リニアゲージのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社ミツトヨ
  2. 2 株式会社小野測器
  3. 3 杉本商事株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 アールエスコンポーネンツ株式会社
  2. 2 株式会社サンプレジャー
  3. 3 株式会社小野測器

歴史のある会社

  1. 1 株式会社尾崎製作所
  2. 2 杉本商事株式会社
  3. 3 株式会社ミツトヨ

関連記事

カテゴリから探す