株式会社サンミューロン
オムロン株式会社
NKKスイッチズ株式会社
ITW Electronic Business Asia Co., Ltd.
Dailywell Electronics Co., Ltd.

【2021年版】ボタンスイッチ5選 / メーカー16社一覧

ボタンスイッチのメーカー16社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


ボタンスイッチとは

ボタンスイッチとは一般的に押しボタンスイッチと呼ばれる、人の操作によりスイッチの接点をONしたりOFFするタイプのスイッチのことです。

ボタンスイッチには自動復帰型と保持型があります。前者はボタンを押し込むと、押し込んでいる間のみスイッチがON(またはOFF)、指を離した瞬間に同時にスイッチがOFF(またはON)となるタイプのスイッチです。後者はボタンを押すとON(またはOFF)となり、以降ボタンから指を外してもスイッチはON(またはOFF)のままとなるスイッチです。

ボタンスイッチの使用用途

自動復帰型と保持型のどちらのスイッチを使うかはその用途に応じて使い分けます。

自動復帰型を使う場合はスイッチの状態を瞬間的に検出し、機器の制御につなげられる受け側の対応が必要です。例えばスイッチからの指示を受け取り、瞬時に機器内部の制御ができるシステムコントローラがある場合、スイッチの状態を監視できるため自動復帰型のスイッチが使われます。一方で保持型を使う場合は先に述べた受け側の対応は不要です。ON/OFF状態のスイッチが勝手に切り替わることは無いので、受け側はスイッチの状態に従いながら常に機器の制御を行えばよいからです。

ボタンスイッチの原理

ボタンスイッチにはa接点、b接点、c接点と呼ばれるタイプのものがあります。

a接点とはボタンから指を離しているときはスイッチがOFF、ボタンを押したときがONとなる接点のことです。ボタンを押すことによってスイッチの接点が閉じて電流が流れます。a接点は、「通常時は開放されている」という意味でNO(Normal Open)接点とも言われます。

b接点はa接点の逆であり、ボタンから指を離しているとスイッチはON、ボタンを押すとスイッチがOFFになる接点のことです。b接点は、「通常時は閉じている」という意味でNC(Normal Close)接点とも言います。

c接点はa接点とb接点の組み合わせから構成されています。例としてa、b、COMという3つの接点を考えます。ボタンを押していない場合、この接点はa接点とCOM接点が電気的につながり、ボタンを押したときにa接点とCOM接点は非導通となって代わりにCOM接点とb接点が導通します。c接点とはCOM端子に流れこんできた電流をa接点側に流し込むか、b接点側に流し込むかを切り替える接点のことです。

ボタンスイッチの種類

スイッチは用途によって、物体の位置検出に用いる検出用のスイッチや、人による操作入力を行う操作用スイッチ、機能上の切り替えを行う設定用スイッチなどの種類があります。構造の特徴でスイッチの種類を分けると以下のような種類があり、産業機器や設備、民生機器など様々な場所で使用されています。

ボタンスイッチは、人による操作入力を行うスイッチです。操作部がその軸方向に動くことで、接点の開閉を行います。操作部はLED等を搭載し、照光・表示機能を兼ね備えているものもあります。操作部の形状やサイズ、色や端子形状など様々な種類があります。

形状の種類として、一般的に丸胴タイプと角胴タイプがあります。この2つの違いは取り付けパネルの形状の違いです。表示部は長方形や正方形、丸型など様々です。表示部の照光の有無や色なども様々なバリエーションがあります。

ボタンスイッチの構造

ボタンスイッチの代表的な構造は、操作部、取り付け部、スイッチ部、ケース部から構成されます。

ボタンスイッチの操作部は外部からの操作された動きをスイッチ部に伝える役割をもちます。照光タイプの場合には操作部表面が発光します。操作部のメカ的な動作の違いで、モーメンタリ動作とオルタネート動作という2つの種類があります。モーメンタリ動作は自己復帰型とも呼ばれ、スイッチを押しこんでいる状態のときだけオンになるタイプです。オルタネート動作は自己保持型とも呼ばれ、スイッチを押し込むと押し込んだ状態でオン状態を保持します。もう一度押すこと押し込んだ状態が解除されオフとなります。

取り付け部は、スイッチ本体を板金などのパネルに固定する部分です。丸胴形は取り付けナットを使って固定するねじ固定方式で、角胴形は穴に挿入するだけで固定するスナップイン方式が一般的です。

スイッチ部は、電気回路の開閉を行う部分です。操作部で受けた力をスイッチ内部に伝え金属の可動部を動かして接点を開閉します。

ケース部は内部のスイッチ機構を保護する部分で底面からはんだ付け端子等が出ています。

参考文献
https://e-sysnet.com/bs/
https://xtech.nikkei.com/dm/article/LECTURE/20120727/230896/
https://www.omron.co.jp/ecb/product-info/basic-knowledge-series/basic-knowledge-of-switches/part-2-omron-s-switch/pushbutton-switch

ボタンスイッチのメーカー情報

ボタンスイッチのメーカー16社一覧


ボタンスイッチのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 オムロン株式会社
  2. 2 グローバル電子株式会社
  3. 3 NKKスイッチズ株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 directindustry
  2. 2 Dailywell Electronics Co., Ltd.
  3. 3 Ningbo Jietong Electronics Co., Ltd.

歴史のある会社

  1. 1 オムロン株式会社
  2. 2 ミヤマ電器株式会社
  3. 3 株式会社サンミューロン

ボタンスイッチ5選

KC小形ライトスイッチ

株式会社サンミューロン KC小形ライトスイッチ 画像出典: 株式会社サンミューロン公式サイト

特徴

柔らかなデザインで、6、8、10、12mm角のボタンサイズがある微小負荷に強いプリント基板実装型の押しボタンスイッチです。

押したときのクリック感が、有り/無しのタイプから選択することができます。スイッチ部はツイン接点構造で高い接触信頼性が得られ、最小負荷はDC1.5V、10μAより使用することが可能です。

組立・加工ラインの制御盤などで使用されており、10mm角、12mm角には化粧フランジが取りそろえられています。

株式会社サンミューロンの会社概要

製品を見る

照光押ボタンスイッチ形A3D

オムロン株式会社 照光押ボタンスイッチ形A3D 画像出典: オムロン株式会社公式サイト

特徴

高容量でコンパクトな小形角胴の押しボタンスイッチです。

微小な負荷(最小負荷 DC5V 1mA)から高容量の負荷まで開閉が可能で、電源用スイッチとしても使用することができます。また、操作部は非照光タイプとLED面照光タイプの2種類から選択することが可能となっています。

用途として、大規模な組立ライン、加工ライン、プラントなどの制御盤、半導体製造装置や工作機械などの操作盤、産業用機械の運転操作の入力用などに使用されています。

オムロン株式会社の会社概要

製品を見る

押ボタンスイッチ Aシリーズ

NKKスイッチズ株式会社 押ボタンスイッチ Aシリーズ 画像出典: NKKスイッチズ株式会社公式サイト

特徴

押ボタンスイッチ Aシリーズは、微小電流用の押ボタンスイッチです。

外ケースは繊維強化ポリアミドで一体成形されており、ベース部分はエポキシ樹脂、操作部分はOリングでそれぞれ密閉されているため、高い防塵/防浸構造をもっています。この構造により、一定の条件下では丸洗い洗浄が可能となっていることが特徴です。

低電圧・微小電流低の領域で安定した接触の信頼性を保持しており、プリント配線板用途などで使用されています。

NKKスイッチズ株式会社の会社概要

製品を見る

押しボタンスイッチIPS-19

Ningbo Jietong Electronics Co., Ltd. 押しボタンスイッチIPS-19 画像出典: Ningbo Jietong Electronics Co., Ltd.公式サイト

特徴

動作の応答性が良く、コンパクトに設計されている押しボタンスイッチです。押しボタン部分の直径はΦ22となっています。

動作環境は-25℃から85℃まで保証されており、電気的な耐久性は10,000サイクルとなっています。表示LEDは、無し/単色発光/2色発光の3種類から選択することが可能です。

用途として、産業機械設備用、自動車の組み立てラインのスイッチ、家庭向け機器のスイッチなど、多くの分野で使用されています。

Ningbo Jietong Electronics Co., Ltd.の会社概要

製品を見る

スナップ式押しボタンスイッチ7Mシリーズ

Dailywell Electronics Co., Ltd. スナップ式押しボタンスイッチ7Mシリーズ 画像出典: Dailywell Electronics Co., Ltd.公式サイト

特徴

7Mシリーズは、照光のスナップ式押しボタンスイッチです。動作温度環境は-35℃から85℃で、ボタンを押した際の感触が良いものとなっています。

タイプは、SPDT(単極双投)、DPDT(2極双投)、3PDT(3極双投)、4PDT(4極双投)、最大5Aの接点定格などのスイッチング機能があり、50,000回の接点開閉の耐久性を持っています。

用途として、電気通信機器、ネットワーク機器、コンピューター、オーディオなどに使用されています。

Dailywell Electronics Co., Ltd.の会社概要

製品を見る

関連記事

カテゴリから探す