篠原電機株式会社

【2021年版】防錆シート メーカー21社一覧

防錆シートのメーカー21社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


防錆シートとは

防錆シートとは、防錆紙とも呼ばれており、金属などの対象物に対して錆を防ぐために用いるシートのことです。
防錆シートは、紙などの素材に、防錆効果を有している薬品を含侵させたり、塗布したりする加工を施すことで製造しています。
錆を防ぎたい金属などの製品を、防錆シートで包むだけで防錆効果を発揮するため、対象物を容易に錆から守ることが出来ます。
シート状になっているため、対象物の大きさや形状に合わせて、自在に変形させることができ、簡易包装から密閉梱包まで簡単に行うことができます。

防錆シートの使用用途

ここで、防錆シートの使用用途について説明します。
防錆シートは、錆びやすい材質のものや、錆が発生しやすい環境下などで、対象物を長期間錆から守って保存したい時に使用されており、鉄鋼や、自動車など、錆によって品質上に問題が発生するような金属を扱う業界で広く利用されています。
様々な大きさの製品の防錆に対応するため、小型の部品から、大型の鉄鋼製品まで対応することができる幅広い品ぞろえを展開しています。
防錆シートを使うことで、製品によってばらつきはあるものの、おおよそ半年から1年ほど防錆の効果を期待することが出来ます。
また、防錆シートは使っていなくても、防錆成分が気化して効果が薄れていくため、購入してから早めに使うことが推奨されています。

防錆シートの原理

続いて、防錆シートの原理について説明します。
錆とはもともと、化合物として安定した鉄鉱石の形で自然界に存在しており、それを精錬して得たものが鉄などの金属であるため、精錬された金属に時間経過とともに元の安定した状態になろうとする力が働くことによって錆が生まれることになります。
防錆シートから空気中に錆を防ぐ効果がある科学的成分が気化して、錆を防ぎたい対象物の表面を皮膜でコーティングすることで、錆から守ることができます。気化性を利用した防錆であるため、即効性も期待できます。
防錆シートは、錆を発生させる原因になる活性物質などが含有されていないことが大切な条件になるため、シートにも、発錆の原因になる塩素イオンや酸が含まれていない素材を使用します。

参考文献
https://www.monotaro.com/s/c-59413/
https://bouseishi.com/what/index.html
https://www.ryoko.co.jp/products/vci_paper/vci_paper_02.pdf

防錆シートのメーカー情報

防錆シートのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 伊藤忠プラスチックス株式会社
  2. 2 株式会社アイセロ
  3. 3 リックス株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 株式会社コスペックジャパン
  2. 2 大洋シーアイエス株式会社
  3. 3 サンプラスチック株式会社

歴史のある会社

  1. 1 堀富商工株式会社
  2. 2 釜谷紙業株式会社
  3. 3 株式会社イーパック

防錆シートのメーカー21社一覧


関連記事

カテゴリから探す