株式会社東陽

【2021年版】超硬リーマ メーカー20社一覧

超硬リーマのメーカー20社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


超硬リーマとは

リーマ加工の方法は、あらかじめ開けておいた下穴に棒状のリーマと呼ばれる部品を差し込み、
図面通りの穴径に仕上げる方法の事を言います。
比較的、加工精度の高い穴を加工するときに使用されます。
超硬リーマは高い精度があり、加工の速さが速いことが特徴の穴あけ用の工具です。

超硬リーマと一言で言っても大まかに6種類の工具があり、使用用途によって使い分けをしています。
リーマの素材は超硬合金素材が多く使用されています。

超硬リーマの使用用途

以下にそれぞれの使用用途について説明します。

  • ロウ付けリーマ
    加工の径が大きくなると、すべてを超硬リーマで加工しようとすると加工費が多額になってしまいます。
    加工費を抑えたいときに使われるのがロウ付けリーマです。
    これは、一部が超硬素材になっており比較的コストを抑えつつリーマ加工をおこなうことが出来ます。
  • ストレートリーマ
    加工現場の中で最も使われているリーマ加工の工具です。
  • スパイラルリーマ
    刃の部分ががネジ先端のようにねじれているので、穴を加工する際に通常のリーマと比べ抵抗を少なくして加工することが出来ます。また、切削した際に出てしまう切りくずも最小限に抑えることが出来ます。
  • 不等分割リーマ
    刃の感覚が等分割にされていないリーマ工具です。等分割されていないことにより、加工の際に起きてしまうびびりと呼ばれる振動を防ぎ、より精度の高い加工をおこなうことが可能です。
  • 段付リーマ
    通常何回かに分けて作業しなければならない加工工程を一度に加工できる工具です。加工工程を削減できるので、作業効率を上げることが出来ます。
  • 3枚ガイド付きリーマ
    3枚の刃が螺旋状に連なっている工具です。偶数の刃に比べて、硬度の高い材質での切削加工を得意としています。

超硬リーマの原理

リーマ加工というものは、基本的に一度の加工で完成されるものではありません。
リーマで加工する前に、下穴を開けておくことが基本となっています。その後のリーマ加工で位置度を出すことは非常に難しいことです。
ですのでリーマ加工には、最初の下穴加工も非常に重要です。

参考文献
http://www.fptools.com/reamer.html
https://www.monotaro.com/s/c-69707/
https://www.sandvik.coromant.com/ja-jp/knowledge/reaming/pages/how-to-ream-a-hole.aspx
https://solidtool.co.jp/carbide-tool/reamer/
https://kakou-consul.com/faq/pilot-hole-processing/
https://mitsu-ri.net/articles/drilling

超硬リーマのメーカー情報

超硬リーマのメーカー20社一覧


超硬リーマのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 株式会社東陽
  2. 2 株式会社日研工作所
  3. 3 日本超硬株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 イスカルジャパン株式会社
  2. 2 太子精工株式会社
  3. 3 坂本精工株式会社

歴史のある会社

  1. 1 大見工業株式会社
  2. 2 株式会社梅村本店
  3. 3 エフ・ピー・ツール株式会社

関連記事

カテゴリから探す