【2021年版】タキステップ メーカー2社一覧

タキステップのメーカー2社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


タキステップとは

タキステップとは、遮音及び防滑性階段用床材であり、階段において滑りによる転倒事故の発生を抑制する効果があります。

優れた防滑性だけでなく、雨水にも強いという耐候性があり、また容易に施工できるというのも大きな長所です。

タキステップは、マンションやアパートなどの共用階段などにおいて、モルタルの下地や平鋼板下地などへの取り付け可能で、廊下部分と色相を合致させることもでき、高級感のある仕上がりにすることも可能な、階段床材です。

タキステップの使用用途

タキステップは、マンションやアパートなどの建物の、屋外もしくは屋内の階段において、モルタル下地や平鋼板製階段用として用いられる、遮音及び防滑性階段用床材です。

また屋外の鉄骨階段においては、鉄板の隙間に雨水が侵入することで、錆が発生し、老朽化の原因となってしまいますが、その雨水の侵入個所にタキステップを装着することで、雨水の侵入を抑えることが可能になり、老朽化を軽減できるという効果もあります。

タキステップの原理

タキステップは、まず凹凸面があり、また階段の端のステップ部分に滑り止めとして装着されることで、防滑効果があり、転倒事故の抑制につながります。

またタキステップを装着することで、一定の遮音効果があり、階段歩行時の騒音を軽減することも可能です。

更に、タキステップでモルタルを覆うことによって、耐水効果を得ることができ、複層シートなので皮膜が厚く、この耐水効果は定期的にシール材を交換することで維持することができます。

更に、タキステップの皮膜は劣化しにくくて、非常に長持ちし、耐摩耗性及び耐水効果の機能を長期間維持することが可能です。

さらに、タキステップを装着するのにかかる工事の工期は、比較的短、入居者が階段を使用できない期間を大幅に短縮できます。

これだけの効果がりながら、従来の塗布水の侵入予防工事にかかる費用と、さほど変わらずに実行できます。

更に、カラーリングや柄に種類があり選択可能で、建物の外観がグレードアップするという視覚的なメリットもあります。

一方で、タキステップのデメリットとしては、タキステップはシート材であることより、階段の下地の凸凹や勾配(角度)がそのまま引き継がれてしまいます。

下地調整の工事で補え切れなかった場合、凹凸や勾配が階段にそのまま残ってしまいます。

また、例えば階段や廊下のモルタルの劣化が原因で、すでに部分的に大きな凹みがあった場合は、そこに水溜りができる可能性があります。

逆に言えば、水たまりが発生するのは、以前は床に侵入して老朽化の下人となった雨水が逃げ場を失い水溜りになったことを意味し、雨水のシャットアウトが成功したことになります。

参考文献
https://www.takiron-ci.co.jp/product/product_04/detail.php?n=21%E3%82%BF%E3%82%AD%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%83%E3%83%975W
https://www.m-neko.com/resurrection/takistep/

タキステップのメーカー情報

タキステップのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 タキロンシーアイ株式会社
  2. 2 タキロンマテックス株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 タキロンマテックス株式会社
  2. 2 タキロンシーアイ株式会社

歴史のある会社

  1. 1 タキロンシーアイ株式会社
  2. 2 タキロンマテックス株式会社

タキステップのメーカー2社一覧


関連記事

カテゴリから探す