【2021年版】WPC処理 メーカー0社一覧

WPC処理のメーカー0社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


WPC処理とは

WPC処理とは、金属製品の表面に微粒子を圧縮性の気体に混合して噴射することで高速衝突させる表面処理技術です。

(株)不二製作所、(株)不二機販、(株)不二WPCの登録標章となっています

同じように投射材を加工物に噴射する、ショットピーニングを進化させた処理であり、金属表面の状態を改善することで多くの効果をあげることが可能になりました。

表面が改善すると金属表面が高硬度化して強化されるのと同時に、表面形状が極めて微小な凹凸形状へ変化するので、摺動時のオイル溜りの役割を果たし、摩擦摩耗性や耐焼付き性などを向上させます。

WPC処理の使用用途

工業分野では、疲労強度向上を目的として切削工具や各種金型、スプリングなどに利用されています。

また、耐摩耗性向上を目的として、パーツフィーダや各種ギアなどに使用されています。

ミッションに使用される場合には、フリクションロス軽減となりエンジン回転数の変化、ギアチェンジ時のフィーリング向上、消音効果などが現れます。強度も上がっているので耐久性も向上されます。

摩擦抵抗低減に効果があり、摩擦係数を約50%低減させることができます。それにより、食品業界でも利用されております。

粘着食品や食用液体等などの付着防止やすべり性向上を目的として使用されております。

WPC処理の原理

金属であればほとんどのものに処理を施すことができます。逆に言えば、金属以外の製品には使用することはできません。

硬質クロームメッキや窒化、浸炭などの表面処理の上に、さらにWPC処理を施すことで相乗効果も得られます。

金属表面に、投射材を噴射することで急速加熱と急速冷却が繰り返され、表面に焼入れのような作用が働きます。

そこで、硬い表層に覆われながら粘り強い性質を備えた状態を作り出します。

加工表面温度は、鉄系金属ではA3変態点以上、非鉄金属ではそれぞれの再結晶温度以上の温度域で急熱と急冷が瞬時に繰り返され加工強化がおこなわれます。

形状的に不向きな金属製品もあります。

ベアリングなど複雑な穴形状を持つものなどはショット後の洗浄が十分にできず、ショットメディアが残留するおそれがあるため注意が必要です。

WPC処理の投射材は、1つ1つの形状がなめらかな球体なため、破壊の起点となる鋭角な部分ができにくくなります。また、非常に微細です。

ショットピーニングが0.4mm程であるのにたいして、WPC処理の投射材は0.05mm程になります。サイズは、処理内容によって選択する必要があります。

これを規定の圧力に管理された装置を使用してショット加工を施すわけです。

参考文献
https://www.fujiwpc.co.jp/industry-service/about-wpc.html
https://www.kamata-surface.com/表面処理技術一覧/wpc処理/
https://www.ne-jp.com/wpc/page/1towa/index.html

WPC処理のメーカー情報

WPC処理のメーカーランキング

社員数の規模

設立年の新しい会社

歴史のある会社

WPC処理のメーカー0社一覧


関連記事

カテゴリから探す