神栄テクノロジー株式会社
株式会社シロ産業
有限会社シスコム
Omega Engineering

【2021年版】加速度ロガー メーカー5社一覧

加速度ロガーのメーカー5社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


加速度ロガーとは

加速度ロガーは、加速度を計測および記録する、センサとロガーが一体となったものです。加速度センサを内蔵しているものが主流で、加速度の計測かつ記録が可能です。

最新の製品では最大400Gまでの加速度が計測可能で、小型・軽量のものが主流です。そのため従来、測定困難であった回転物や人体および小動物の加速度計測が可能になります。また、高速のサンプリングに対応しており、大容量メモリを搭載しているため計測の幅が広がっています。

加速度ロガーの使用用途

加速度ロガーは小型で幅広い周波数レンジを計測可能であるため、幅広い産業で活用されています。自動車はもちろん、物流・輸送、設備やスポーツなどにおいて各種振動計測に用いられています。

加速度ロガーは小型でセンサとロガーが一体となっているものが主流で、これまで設置が不可能であった場所での計測が可能です。落下試験や衝撃試験などの製品評価試験や、人体の頭・手・足の動きの検知に用いられます。

加速度ロガーの利点を活かして、従来のセンサおよびロガーでは計測できなかった対象物まで計測可能となります。

加速度ロガーの原理

加速度ロガーは、各メーカーによって異なりますが、主に加速度センサ、フラッシュメモリ、CPU、電池(バッテリー)で構成されています。加速度センサは3軸タイプのセンサが主流で、1つの加速度ロガーで3軸の加速度を1度で計測できます。更に測定レンジは最大400Gまで測定できるため、落下試験や衝撃試験にも対応可能です。

また、近年の加速度ロガーは軽量で、測定対象物の固有振動数への変化に影響を与えません。加えてサイズが小型であるため、人や小動物の動き、傾きや振動計測が可能となりました。

加速度ロガー本体をUSBケーブルでパソコンに接続することで、外部電源供給、リアルタイムでの加速度のモニタリング、測定条件の各種設定や記録したデータのダウンロードができます。加速度ロガーを構成している各電子部品は、計測の指令が入るまでは待機モードに入っており、データはフラッシュメモリに記録されるため電源を切ってもデータは失われません。

参考文献
https://syscom-corp.jp/products/mini-acceleration-logger/index.html
http://news-sv.aij.or.jp/jyoho/s1/proceedings/2012/pdf/H57.pdf

加速度ロガーのメーカー情報

加速度ロガーのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 Omega Engineering
  2. 2 神栄テクノロジー株式会社
  3. 3 クリマテック株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 神栄テクノロジー株式会社
  2. 2 有限会社シスコム
  3. 3 クリマテック株式会社

歴史のある会社

  1. 1 株式会社シロ産業
  2. 2 Omega Engineering
  3. 3 クリマテック株式会社

加速度ロガーのメーカー5社一覧


関連記事

カテゴリから探す