産業用製品比較のメトリー
メトリー
浜松ホトニクス株式会社
富士電機機器制御株式会社
アズビル株式会社

【2020年版】光電スイッチ メーカー5社一覧

光電スイッチのメーカー5社を一覧でご紹介します。まずは使用用途や原理についてご説明します。


目次


光電スイッチとは

光のあらゆる性質を利用し、物質の存在有無や表面の状態がどのようなものであるかを検出するものは光電スイッチもしくは光電センサーと呼ばれています。

主に投光器と受光器で構成しています。受光器で検出する方法によって複数種のセンサーが存在します。光電スイッチは大きく分けて透過形、回帰反射形、拡散反射形の3種類に分けられます。

使用される光はほとんどが可視領域(主に赤色)や赤外領域の光です。特徴として検出距離が長い事や検出する物質に対しての制限が少ないことが挙げられます。 

光電スイッチの使用用途

主にレーザー光を用いて液体、硝子、非金属、金属など幅広い物質を検出することができます。その物質の有無を検出するために主に使用されます。また低反射率の物質を検出したり、色の違いを検出したりすることもできます。

搬送を停止することができない場合には、物質の位置情報を検出する方法を用いることで、位置判別をすることができます。物質の寸法や形状を測定したり、位置決め制御を行う際の物質のずれを判別したりするときに使用します。 

光電スイッチの原理

透過形は、投光器から発する光を常時受光器で検出を行っています。その際に検出物質が横切ることで光が遮られます。光が遮られた時に受光部分での受光量が減少することでセンサー検出します。投光部分と受光部分が分離していることや検出距離が長いことが特徴です。

回帰反射形は投光部分と受光部分が一つのユニットとなってセンサーを構成しています。投光部分から発する光を常時回帰反射板(リフレクター)に反射させ、投光ユニットに取り付けてある受光部分で検出しています。その際に検出物質が横切ることで、透過を利用したセンサーの様に受光部分への検出が遮られてセンサー検出します。光軸合わせが不要となることが特徴です。

拡散反射形は投光部分と受光部分が一つのユニットのみで構成されています。回帰反射形と違い反射板が無いことが特徴です。投光器から発する光を遮るように物質が横切ることで物質から光が反射して受光部分で光を検知します。その際にセンサー検出する仕組みです。センサーユニット1つの設置のみで良いというメリットがありますが、一定方向からのみの検出することができます。 

参考文献
https://www.fa.omron.co.jp/guide/technicalguide/43/2/index.html
https://www.keyence.co.jp/ss/products/sensor/sensorbasics/sensor-type.jsp
https://www.keyence.co.jp/ss/products/sensor/sensorbasics/pe_info.jsp
https://www.fa.omron.co.jp/product/special/knowledge/pes/diffuse_reflection_type/detection_principle_characteristic.html

光電スイッチのメーカー情報

光電スイッチのメーカーランキング

社員数の規模

  1. 1 アズビル株式会社
  2. 2 浜松ホトニクス株式会社
  3. 3 富士電機機器制御株式会社

設立年の新しい会社

  1. 1 富士電機機器制御株式会社
  2. 2 井上電子株式会社
  3. 3 浜松ホトニクス株式会社

歴史のある会社

  1. 1 アズビル株式会社
  2. 2 浜松ホトニクス株式会社
  3. 3 井上電子株式会社

光電スイッチのメーカー5社一覧


関連記事

カテゴリから探す